『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 プランB。

 8話 プランB。

(……『見ただけでは判別不可能な特注品のモデルガンを配っている』という事実がある以上、この手紙の信憑性は非常に高い……もちろん、ただのハッタリである可能性も十分にあるが……)

 仮に『ドッキリでした、殺したりしないよーん』という展開だったら問題は特にない。
 その時は首謀者に『ハードめな腹パン』を入れるだけで事体は穏便に収束する。

 が、問題なのは、首謀者が、
 本気で『生徒の殺害』を実行に移そうとしている場合。

(精巧すぎるモデルガンの存在は、非常にわかりやすい『言い訳』たりうる……)

 『間違って、本物を配布してしまった。それが今回の痛ましい事故の原因です』

(仮に、紅院家が、『本気』で、かつ、『次』も含めて想定しているのであれば、今回の件で『本気度』を証明してくる可能性は大いにありえる)

 立場的に『失敗』が許されない『高位の為政者』は、
 常に『プランB』を想定しているもの。
 ようするには、
 『ここでセンが動かない』というケースが発生した場合の対処法。

 『プランB』を成功させるための布石として、
 『今回のプランAで、実際に、何人か殺して、本気度を証明する』という、
 『最低最悪の警告』を実行に移す可能性がある。

 この場において、というか、センにとって、
 『殺戮の確率』が高いか低いかはどうでもいい。

 『その可能性を突き付けられた』ということそのものが大問題なのである。

(……ナメたマネしやがって……)

 センの心がシンと静かになった。
 自律神経が整列する。
 センの中の感覚が研ぎ澄まされていく。

 静電気に包まれているかのようなピリつき、
 頭がスーっと鮮明になる。


「ん? おい、閃、どこにいくんだ?」

「トイレ。腹が痛い」

「今は、占拠されている途中なんだから、テロリストにお伺いをたてるべきなんじゃねぇの?」

 そう言われたセンは、
 テロリストに、

「……トイレ、いきたいんですけど」

 そう声をかけると、
 そこで、テロリストが、全員に向かって、

「ほかにトイレに行きたい者は?」

 そこで、誰も手を上げない事を確認してから、
 センに、

「本物のテロリストなら、ここで、君についていって監視するだろうけど……まあ、訓練だから、そこまではしない。実戦ベースとは言っても、なんでもかんでもリアルにすればいいというものではないから」

「……『監視されながらクソをする訓練』なんて必要ないですしね」

 などと言いつつ、センは教室から出ていった。





 ★





 隔離された紅院たちは、
 校長室のソファーに腰を掛けて、
 ノンビリとお茶を飲みながらダベっていた。

「……あのテロリーダー、電話しながら出て行ったっきり、全然帰ってこぉへんな」

 テロリーダーは、現在、急用で席をたっており、
 この空間には存在していない。

「テロリーダーにもいろいろあるんでしょう。両親の危篤とか、妻の出産とか、子供が熱を出したとか」

「嫁と子供おるやつがテロリーダーになるかなぁ」

「まあ、一定数いると思いますけどねぇ。もっとも、あの人の場合、実際のテロリーダーではないですが」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く