『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 ツミカさんは揺るがない。

 5話 ツミカさんは揺るがない。

「そこ、静かに。ちゃんと、緊張感をもって!」

 と、注意してきたアゲセンに対し、
 センは、心の中で、

(……この茶番に緊張感をもって挑むのは、さすがに、無理があると思うが……)

 などとつぶやいていると、
 テロリストの中の一人、
 腕に赤い布を巻いているリーダー役の男が、

「紅院美麗、薬宮トコ、黒木愛美、茶柱罪華……以上の四名は、私と一緒にきてもらう」

 そう言いながら、
 K5の面々を教室の外へと連れて行こうとする。

 紅院、トコ、黒木の三名は、
 軽くダルそうな顔で、しかし、ある程度マジメに対応しようとしているが、
 茶柱だけは、


「ふざけるにゃ! ツミカさんはテロには屈しないにゃ!」


 などと言いながら、『鬱陶しい抵抗』をはじめた。

 無駄にウザすぎるその抵抗を受けて、
 テロリーダーは、

「えぇ……」

 と、普通に困惑した声を漏らし、

「いや、あの……」

 勘弁してほしそうな顔で何か言おうとするのを、
 茶柱は、全力で制していく。

「ツミカさんは、総理大臣の娘にゃ! この国の心臓を担う男の娘として、決して――」

 言い切る前に、
 パカァンと、後頭部をたたかれて、
 茶柱は、

「痛いにゃぁ! 何するにゃ!」

 彼女をしばいたのは挙茂だった。

 気合いの入った教師アゲセンは、
 『総理の娘ツミカさん』相手にも、
 一切ひるまず、普通にキレた顔で、

「ワケの分からん抵抗をしていないで、さっさと、連れていかれろ!」

「実戦を想定すると言ったのは、そっちだにゃ! ツミカさんは、テロリストの言うことを黙って聞いたりしないにゃ! そんなことは、ツミカさんの正義感が断じて許さない! たとえ、ここにいる全員が射殺されても、ツミカさんは、絶対に、テロリストには屈しない!」

 と、そこで、トコが、

「そんな迷惑極まりない正義感は、ドブにでも捨ててまえ! 頼むからぁ!」

 と叫びながら、茶柱の背中にケリを入れる。

「というか、正義感の履(は)き違え方がエグいな! ジブン、どんだけアホやねん!」

「ツミカさんはアホじゃないにゃ! その気になれば、トコてぃんより賢いにゃ!」

「そこに関しては否定しきれんけど、今は、ええねん、そんなこと! とにかく黙っとけ!」

「イヤだにゃ! ツミカさんは最後まで戦うにゃ! ツミカさんには、己が信念を貫けるだけの力と覚悟があるにゃ! ツミカさんの右手が真っ赤に燃える! 『汚物は消毒だ』と、轟き叫ぶ!」

「……手ぇだけやなく、全身まるごと燃えてくれへんかな……」

 などと、ごちゃごちゃやりあっている彼女たちを横目に、
 蓮手が、センに、

「……おい、閃。止めてこいよ」

「はぁ? なんで俺が?」

「彼氏なんだろ?」

「……仮に、俺があいつの彼氏だったとしても、あいつは、男の言うことをおとなしく聞くような女じゃないから、とめにいっても意味はない」

「いや、お前ならいける。お前ほどの彼氏力があれば、茶柱も黙って言うことを聞くはずだ」

「お前、俺のナニ知ってんねん」

「俺は、お前以上にお前を知っている。お前ならいけると、ガイアが俺にささやく。お前に不可能はない。お前なら、神の王にだってなれる」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く