『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

1話 K5からの求婚。

 1話 K5からの求婚。

「すごい顔色だな……どうした、閃」

 後ろの席の蓮手に、そう声をかけられて、
 センは、ため息交じりに、

「人生は、どこに落とし穴があるかわからない……という『辛辣な真理』を痛感しているところだ」

「なに、お前、落とし穴に落ちちゃったの?」

「ああ。深くて暗い、『陰鬱とした墓場』のような穴に転落している真っ最中だ……」

「ちなみに、その穴ってのは? どういう系統のアレ?」

「K5から求婚された」

「……ほう」

 蓮手は、数秒考えてから、

「えっと……それは、どういう種類の比喩? 『落とし穴』が『人生における障害』の比喩ってところまでは、スムーズに伝わってきたんだが……『K5から求婚』というのは、ちょっと解読が難しいな。それは、どちらかといえば……『幸運を示す比喩』だと思うんだが……んー……ぁ、いや、でも、まあ、深く考えると、やっぱり『マイナス属性』になっちゃうかなぁ……リアルに『彼女たちと結婚する』となると、その厄介さは、想像するのすらしんどいレベルだしなぁ」

「その通りだ。というか、そもそも、前提として、俺は結婚したくない。俺は常に孤高。結婚なんてありえない」

「なるほど、見えてきたぞ。ようするに『K5からの求婚』というのは『個人的視点における最終評価は個々によって変動するが、社会的視点においては死ぬほど面倒くさいしがらみ』の比喩というわけだな」

「……ま、別に、その解釈は、特に間違っちゃいねぇよ」

「よっしゃ、さすが、俺。読解力にかけては右に出る者がいないでおなじみなだけはある。閃、お前も、そう思うだろ?」

「お前の『読解力の程度』になじんでいる気は一ミリもない」

「おいおい、何言ってんだ、閃。俺の現国偏差値が『80を超えている』という誉(ほま)れは、この学校における三大常識の一つだろ。『一、K5はヤバい』『二、アゲセンはヤバい』『三、蓮手は村〇春樹の生まれ変わり』。時空ヶ丘学園で、この三つの常識を知らないヤツはモグリだぞ」

「……『ハルキはまだ死んでねぇよ』を筆頭に、いろいろと言いたいことはあるが……なによりも、まず、お前、マジで、現国偏差値80をこえてんの? 普通にすげぇな。その数字に関してだけは、ガチで、尊敬に値するぜ」

「あ、いや、実際には、68くらいだけど……まあ、でも、四捨五入して気持ちを足したら、80みたいなもんだから」

「……えっと、ちょっと、何っているか、わかんねぇな……全体通して、発言がフワフワしすぎだぞ、お前」

 などと、クソみたいな会話をしていると、
 そこで、
 ガラガラっと、教室のドアが開いて、

「はいはいはい、みんな、席につこーか! みんなのアゲセンがきたから、席につこーか」

 と、出席簿を片手に元気よく入ってくる若い男性教師。

 彼の元気のいい声に従って、
 『そこそこ品のいい生徒たち』は、
 いそいそと自分の席に戻っていく。

「はい、全員、席についたかなー。じゃあ、まずは、今日の『防災訓練』について、簡単に説明しておく」

 そう言いながら、
 冊子を配布していく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く