『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

92話 感動した!

 92話 感動した!

「トロッコ問題でよく言われることだが、大事なのは人数ではなく前提だ。俺の視点で言えば、『紅院美麗を生贄にしないと存続できないクソ世界』よりも、『紅院美麗』の方が、はるかに価値がある」

 センのその言葉で、
 また、紅院の『奥』が震えた。
 言葉に出来ない情動ばかりが、
 紅院の全てを埋め尽くしていく。


「貴様の想いは美しい。感動した! というわけで、今回は、特別に、なかったことにしてやろう」


「……はぁ? なかったこと?」

「ふ、ふふ……私ほどの実力者ともなれば、召喚を拒否することも、不可能ではない……と言えなくもないのだ。というわけで、今回の件はなかったことにしておこうと思う」

 センの覚悟は留まることを知らない。
 恐怖を糧に、より大きな輝きを見せる。

 そんなセンの勢いに対し、
 ウボは、『焦り』を見せ始める。

「センエース、貴様の覚悟は素晴らしい。もちろん、闘えば、私の方が強いわけだが、その気概だけはあっぱれ。感動した!」

 もちろん、ギャグ漫画のように、
 『直接的な反応』を示すわけではないのだが、

 しかし、その声音には、考察不要の特異な色がにじみ出ていた。
 恐怖と焦燥。
 『外なる神』には似つかわしくない感情。

 ゆえに、センは、冷めた声で、

「……あのさ……最初から、ちょっとだけ思ってはいたんだけど……お前、本当にアウターゴッドか?」

「……ん?」

「俺は、アウターゴッドに関して、まったく知らんから、確かなことはなにも言えないんだが……イメージ的に、アウターゴッドって、もっと、神様然とした超越者なんじゃねぇの?」

「もちろんそうだとも」

「お前、小物感が、ちょっと強すぎる気がするんだが?」

「……愚か者め」

 そう言うと、
 ウボは、右手をパチンと鳴らした。

 すると、
 エアウィンドウが消滅し、

 かわりに、ジオメトリが出現する。

 そして、そのジオメトリの奥から、


「後悔するがいい。貴様はせっかくのチャンスを棒に振った」


 そう言いながら、
 ウボが登場した。

「……おお、なかなか大きいな。ビリビリと伝わってくる」

 そう言いながら、センは、

「……けど、アウターゴッドにしては、やっぱり、こじんまりしている気がするな……まあ、一度もアウターゴッドに会ったことがないから、実際のところは知らんけど」

「私がアウターゴッドだ! 果て無き領域にいる、外なる神! 私こそが!!」

 と、叫んでいるウボのふところに、
 センは、

「――シッ」

 呼吸一つを整えて、
 グンとのびやかに飛び込むと、
 そのままの勢いで、


「――神速一閃――」


 スピードに極振りした一閃を叩き込む。





「――どぅぉっっっ!!! ……あっ……あぉあ……」





 魂魄を一刀両断されたウボは、
 バタリと膝から崩れ落ち、

「……い、一撃だと……バカな……私は……『S級のGOO』だぞ……私を……一撃……そんな……そんな、アホな……」

「やっぱ、GOOじゃねぇか」

「ぁ、ありえない……神格の生命力は……膨大で…………な、なのに……人の手で……どうして……」

「さぁな、知らん。俺も俺が分からん」

「……」

「最後に教えてくれよ。お前の本当の名前は?」





「……イグ……」





 名前を口にしたところで力尽き、
 イグは完全に消滅してしまった。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く