『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

91話 センエースのセリフは、基本、バグっている。

 91話 センエースのセリフは、基本、バグっている。

「じっ、自分の命は全消費してもよくて、他人の命はダメって、どういう了見?!」

「あれ? 知らなかった? 俺は自己中の権化なんだよ。『自分の意見だけが世界の中心』をモットーに、人生をやらせてもらっている」

 などと、アホの顔で、

「ここで『お前を殺す』のは『やらされている感』が強すぎて死ぬほど不愉快だからイヤ。『アウターゴッドを殺すために命を賭す』ってのは、俺の『人生の結末的にクール』だからアリ。イヤかアリかの二択を前にした時、俺は、絶対にイヤを取らない。それが俺クオリティ。ひゅぅ、この自己中っぷり、たまんねぇなぁ、おい。そりゃ、友達が一人もいねぇわけだぜ」

 圧倒的に意味不明な論調。
 しかし、その背中は、驚くほど大きい。

「まあ、俺の意見とか考え方なんざ、実際のところは、どうだっていいんだ。今、お前が知っておくべきことは、ただ一つ。『俺の頑固さ』は、薬宮トコすら置き去りにしているという絶対的事実だけ。ゴチャゴチャ言わずに黙ってみてろ。そうすれば、どうにかしてやる。絶対に、なんとかしてやる。出来るかどうかは知らんが……最後の最後まで、俺は叫び続ける」

 そう言うと、センは目を閉じて、
 自分の奥へと深く入っていきつつ、

 ゆっくりと、息を吐いて、吸って、吐いて、
 そして、





「……ヒーロー見参……」



<i52617928835>

 そんな、センの覚悟を受けて、
 紅院の中で、何かが弾けた。

 心の場所と形がハッキリと分かる。
 ドクドクと脈打ちながら、
 命の理由を教えてくれる。

「……自分はヒーローじゃないって……さっき、言ったばかりじゃない……」

 ツーっと、涙が流れた。
 その理由は自分でも理解できなかった。
 とにかく意味は不明だが、
 今、紅院美麗の魂は、猛烈に昂(たかぶ)っていた。

「俺のセリフは、基本、バグっている。まともに受け取る方がバカを見る」

「……っ……」

 紅院の涙は止まらない。
 感動したとか、心が動いたとか、
 そういう次元ではない。

 命が満たされたのだ。

 知らない間に、気付かぬ間に、
 かわいてしまっていた紅院美麗の器が、
 あふれてこぼれるほどに、パンパンになっていた。

 自然と奥歯をかみしめてしまう。
 全身に力が入る。

 そんな彼女を尻目に、
 センは穏やかに武を構える。


「――そろそろ10分経過するだろ? さあ、やろう。ウボ=サスラ。俺は、弱いが……なかなかしつこいから、気合を入れて殺さないと、痛い目をみるぞ。俺はきっと、魂魄だけになっても喰らいつく」


「いい気概だ。それだけの魂魄を殺すのは惜しい」

 そう前を置いてから、
 ウボは、

「今ならまだ間に合う。はやく、その女を殺せ」

「俺の価値を惜しんでくれたのは素直に嬉しいが、しかし、俺の結論は変わらない」

「まあ、そう言わずに、考え直せ。私は命を殺したいわけではないのだ。その女一人で済むのであれば、安いものだろう。『60億』と『1』……どちらを選ぶかという、至極単純な功利の問題だ」

「トロッコ問題でよく言われることだが、大事なのは人数ではなく前提だ。俺の視点で言えば、『紅院美麗を生贄にしないと存続できないクソ世界』よりも、『紅院美麗』の方が、はるかに価値がある」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く