『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

89話 問題解決までの軌跡。

 89話 問題解決までの軌跡。

(アウターゴッドが召喚されるのは流石にヤベぇ……いくらなんでも勝てねぇだろ……)

 三等のセンでも、『アウターゴッドがヤバい』という知識はある。

 『神話生物が実際に存在する』という事実は、
 300人委員会の関係者しか知らないが、

 『クトゥルフ関連』の『神話』なら、
 一般人でも耳にすることはある。

 ――『クトゥルフ関連の神話を知っている者』なら、
 誰だって知っている。
 GOOならば、まだ、『常識が通じる質量』の範疇に収まるが、
 『アウターゴッド』には、一切の常識が通じない。

(絶対に召喚を阻止しないとヤバい。……だが、紅院が死ぬ以外に、何か方法があるか? ウボの召喚に関する『そもそものルート』が分からねぇから、逆算で解除も厳しい。つぅか、『そもそも』を言い出したら、『召喚のシステム』からして意味不明)

 問題解決の際に、『根本』を追求しすぎると沼にハマってしまう。

 大事なことはいつだって、
 『どこまで』を境界線とするかの線引き。

(どうすれば止められる? 何か情報……魔導書でもあれば……そういえば、茶柱が、何か持っているっぽいんだよな……今から、あいつに連絡して……つぅか、どうやって連絡する? 入るのはギリギリ出来たけど、外に出る方法がわからねぇ。必死でこじあけた穴は、今、普通に閉じているし……)

 と、そこで、センは、紅院に視線を向けて、

「ここから出る方法、知っているか?」

 有無を言わさぬ真剣な目で問われて、
 紅院は、思わず、反射的に、

「……えっと……ツァールが死んだら解除されるって聞いたけど」

「ツァールってのは、さっきのGOOだな。……とっくに殺したけど、まだ解除されていない……『時間の問題』か、もしくは、『その情報が嘘だった』か……とにかく、脱出方法は不明……」

 そこで、さらに頭をまわし、

「携帯ドラゴンを使って、外と連絡は?」

「出来ない。最初にやってみたけど、無理」

「今は? ツァールが死んで以降は、おそらくやっていないだろ?」

「……」

 うながされて、紅院は、
 携帯ドラゴンを召喚し、
 トコと連絡を取ってみようとする。

 かなり消耗した今でも、そのぐらいはできる……はずだが、

「通じない……」

「OK。理解した。他の方法を探す」

 センは、すぐさま切り替えて、
 次の手を考えようとする。

(のこり5分ぐらい……どうする……どうする……考えろ……考えろ……)

 必死に頭をまわしながら、
 その場で、グルグルと歩き回る奇行を魅せるセン。

 そんなセンに、

「……ありがとう」

 紅院は、素直に礼を言った。

「はぁ? なにが?」


「私を守るために、必死になってくれて……ありがとう」


「アホか。俺のためだ。アウターゴッドが召喚されたら、さすがに俺もヤベぇ。どうにかする方法を考えるのは当たり前」

「私を殺せば、問題は解決する」

「それは、解決したとは言わねぇ。問題を放棄しただけだ」

「かもしれない!! けど!! 世界は救われるでしょ!!! 言うまでもないことを言わせないでよ!!!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く