『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 言葉の意味はよく分からんが、とにかく想像通りだ。

 88話 言葉の意味はよく分からんが、とにかく想像通りだ。

「なんで、そんな穏やかな顔で、殺人要請できるかね」

「どうこう悩むよりも、あなたにさっさと決断してもらう方が先決……そう思っただけ」

「……」

「あなたはきっと悩むから……だから、とにかく、決断してもらうべき。そう考えた私の判断は間違っている?」

 そんな紅院の言葉に対し、
 センは、あからさまな不愉快顔を見せて、


「はぁ? お前、ナニ言ってんだ? 俺がお前を殺すのに悩む理由なんざ、特にねぇよ」


 そう前を置いてから、

「しかし、まあ……『お前を殺すしか選択肢がない』という『行動を制限される感じ』は、なんだかイラつく。何がどうとは言えんけど、とにかく腹たつ。俺は常に、俺の我を通して生きていきたい。というわけで、お前を殺すのは却下だ」

「……言うと思った……いえ、あなたの『発言内容の詳細や機微』に関しては、正直、何を言っているかわからないのだけれど……結論に関してだけは、想像通りというか、そのままというか……」

 などとつぶやいてから、
 紅院は、覚悟の決まった目でセンを見て、

「アウターゴッドは、さすがにマズい。あなたは『ありえないほど強い』けど……アウターゴッドとGOOでは、大きな違いがある。絶対に勝てない。勝つとか負けるとか、そういうレベルの相手じゃない」

 アウターゴッドに関する情報は、
 それなりの量が、魔導書に記されている。

 『S級のグレートオールドワン』を置き去りにした本物の神。
 常軌を逸した、次元の違う超越者。
 銀河を消滅させる事すら可能な膨大な力を持つ神。

 『外なる神が召喚される』ということは、
 すなわち、『世界の終わり』を意味する。

「だから、私を殺して。お願いだから。私は、この世界に、終わってほしくない。私のせいで、この世界が終わるのは、絶対にイヤ」

 そんな紅院の真摯な願いに対し、
 センは、とことん冷めた目で、



「お前の気持ちなんか、知るか、ボケ」



 そう言い切ってから、

「つぅか、黙っててくれない? もう残り7分くらいしかねぇ。どうすべきか考えるから、静かにしててほしい」

「だから、『どうするべきか』は決まっているでしょ」

「お前がそう思うんなら、そうなんだろう。お前の中ではな」

 反射でネタをぶっこみつつも、
 センは、自分の『中』へと没頭していく。
 基本的には『余裕がある時』限定のテンプレネタだが、
 たまに、こういう『脳が沸騰している時』にも、
 テンプレネタが飛び出すこともあるのが、
 無数に存在する『センエースの特徴』の一つ。

 彼は記号ではないから、単一的なパターンには縛られない。

(アウターゴッドが召喚されるのは流石にヤベぇ……いくらなんでも勝てねぇだろ……)

 本物の『アウターゴッド』に関する『詳細』は、
 もちろん、持ち合わせていないわけだが、
 しかし、センにも『クトゥルフ』関連の知識が、
 おぼろげながらも、ある程度は備わっているため、
 『アウターゴッドはさすがにヤバイ』と理解することはできる。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く