『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 アウターゴッド。

 87話 アウターゴッド。

 エアウィンドウに映し出された仮面野郎は、
 モニター越しに、

「聞こえるか。そこにいる者よ。私の声が届いているか?」


 そんな発言に対し、
 センは、警戒心むき出しの表情で、

「……あんた、だれ?」

 そう尋ねると、
 仮面野郎は、落ち着いた声音で、



「私はウボ=サスラ。外なる神の一柱である」



 その発言を受けて、紅院が、ドン引きした顔で、

「……ぁ、アウターゴッド……」

 自然と体が震えた。

 そんな彼女を尻目に、
 センは、震えそうになる体と心を、
 鋼の精神力でムリヤリ押さえつけて、

「で? そのウボ様が、どうして、俺に声をかけてきたんでしょうか?」

 センの問いに対し、
 ウボは、真摯な態度で、



「私の召喚に関する情報を伝える」



 そう前を置いてから、

「――そこの女を殺せ。さもなくば、私が召喚されてしまう」

 ハッキリと断言した。
 続けて、

「その女にかけられた呪いの『大半』を、貴様が請け負ったようだが、しかし、根幹となる呪縛を処理することは不可能。あと10分以内に、その女が殺されなければ、その星に、私が召喚されてしまう」

「……なるほど。OK。細かい疑問は色々あるが、『大事なことだけ』は、だいたい理解した。で、なぜ、その情報を俺に伝える?」

「召喚されたくないからに決まっている。めんどくさい。鬱陶しい。私は、その星にも、人間にも興味がない。誰かの計画に利用されるのもゴメンだ。というわけで、さっさと、その女を殺せ」

「ふむ……まあ、理屈は通っている気がしなくもないな」

「ちなみに、これだけはハッキリと言っておく。召喚されてしまえば、私は、契約に基づき、『人類』を消滅させなければいけない」

「……ほう」

「人類の殲滅など、そんな面倒くさいこと、絶対にやりたくない。――想像してみろ。どこかの山の中に強制召喚されて、『周囲にいるアリを残らず駆除しろ』と命じられるところを。嬉しいか?」

「絶対にイヤだな。勘弁してほしい」

「というわけで、さっさと、その女を殺せ」

「……ふーむ……」

 と、唸るセンの横で、
 紅院(幼女)が、

「……10分以内って言っていたけど、正確には? あと何分以内に、私は死なないといけないの?」

「正確には、残り8分30秒」

「……はは……私の寿命、みじかっ」

 笑いながら、そうつぶやいて、

「ちなみに、自殺でもいいの?」

「ダメだ。自殺だと、私が召喚されてしまう。貴様は、そこの男に『殺される』必要がある」

「……そう」

 そう返事をしてから、
 紅院は、センに視線を向けて、

「というわけで、申し訳ないけれど、お願いできる?」

「なんで、そんな穏やかな顔で、殺人要請できるかね」

「おだやか……とは、少し違うと思うけれどね……ちょっと、一気に、いろいろと起こりすぎて、頭がついていけてない感じ……かりに『2年以内に、どうにかしないと死ぬ』……みたいな感じだったら、もう少し、焦るとか、悩むとか、あがくとか、色々と頑張ってみるかもしれないけど……『あと8分以内に殺されないと、アウターゴッドが召喚されます』ってなったら、さすがに、どうこう悩むよりも、あなたにさっさと決断してもらう方が先決……そう思っただけ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く