『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

85話 めでたし、めでたし。

 85話 めでたし、めでたし。

「この空間にかけられていた次元ロックは、アホみたいに強固で、おまけに、迎撃システムがハンパなかったから、穴をあけるだけでも、すげぇ労力がかかった! レーザーに貫かれ、火炎放射に焼かれ、ヤリにつかれ、ギロチンに切断され……ほんとに、しんどかった! 断言するが、俺じゃなかったら、穴すら開けられなかっただろう!」

 わざわざ言われなくとも、
 その『満身創痍っぷり』を見れば、
 一目で、『大変だったであろうこと』は理解できた。

 センのズタボロ加減は、
 『ツァールにずたずたにされていた時の紅院』を、
 ゆうに超えていた。

「次元に穴をあけるために、俺が自分の精神にどれだけ負荷をかけたかといえば、『今しがた、お前が感じていた呪いの絶望』のざっと300倍ぐらいだ!」

 ※ 実際に数値を出した場合、
 おそらく、もっと凄まじい倍率になるのだが、
 今のセンに、そこの部分を正式に算出するのは不可能なので、
 かなりテキトーな『300倍』という数値に落ち着いた。

「一瞬耐えるだけでも相当にしんどい精神的負荷と『10分』ぐらい向き合い、イカれた質量の迎撃システムをかいくぐることで、ようやく、次元ロックに風穴をあけることができた。俺は超がんばった。文句を言われる筋合いは、いっさいない! というわけで、女の兵器で攻撃してくるのは、やめてもらおうか! しんどい!」

 と、まくしたてた直後のことだった。

 『時間経過』と『センの下らない言い訳』が、
 紅院(幼女)の感情を整理させ、
 結果、急激な『極度の安心感』が、
 彼女の情緒に総攻撃を仕掛けた。

(助けてくれた……かけつけてくれた……応えてきれた……命がけで……そんなにボロボロになりながら……必死にっ…………ありがとう……ありがとう……ありがとう……っ)

 ゆえに、当然のように、
 紅院美麗は、その場に崩れ落ち、



「ぅあああああああああああんっっ!」



 と、これまでで一番の豪快な号泣をかます。
 感情の大爆発。
 もはや、意志で止めることは不可能。

 ――そんな紅院の様子を見て、普通に全力でうろたえるセン。
 おろおろしながら、

「いや、うん、悪かったって。遅くなって、もうしわけありませんでした!」

 あっさりと前言撤回。
 光速で頭を下げていく無様な閃光。

「ちょっ、もう……いや、もう、そんな泣く? いや、俺も、マジで頑張ったんですけど? ――いや、もう、わかった、わかった、俺が悪い! 助けにくるのが遅くなった俺が悪い! だから、もう、勘弁してくれ! 目の前で幼女に号泣されるの、きつい、きつい! このシーンを誰かに見られたら、色々と詰む! だから、勘弁してくれ!」

 『女性の相手』にも『子供の相手』にもなれていないセンに、
 この状況は、あまりにもクリティカルが過ぎた。

 ※ 『200億年の人生経験』が『完全』に残っていれば、
 この状況を、どうにか、いなすことも、
 不可能ではなかっただろうが、

 『10代』分の『人間視点』しか持ち合わせていない現在では、
 この状況を華麗に処理することは不可能。


 子供にガチで号泣されると、普通にパニック!
 人間だもの!


 ――結局、センは、
 紅院が落ち着くまで、オロオロし続けるハメになったとさ。
 めでたし、めでたし。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く