『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

84話 涙の訴え。

 84話 涙の訴え。

 センの命令で、終焉の呪縛を『図虚空が喰らいつくした』ため、
 紅院の体から苦痛は完全に消えさった。

 代わりに、

「うぼぉおっ……」

 センの全身を重たい絶望が包み込む。
 図虚空を使っている間は、
 常にダルさと吐き気を感じていたが、
 その質量が28パーセントぐらいアップした。

 どうにか、嘔吐は我慢しつつ、

「……おお、しんどい、しんどい……これは、キッツいな……けど……うん……まあ、いけないこともない……かな……」

 決して『苦しくない』というわけではない。
 紅院が感じた絶望よりも『弱くなっている』というわけではない。
 というか、もともとの呪縛と重なったことで、
 より、激しい絶望になっているのだが、

「いや、ムリか? きついな……ちょっと厳しいかな……いや……まあ……うん、ギリかな……ギリ、たえられる。なんとか、ギリ……」

 エゲつないほどの『絶望に対する耐性値』のおかげで、
 なんとか踏ん張ることが出来ている。

 常人だったら、このナイフを10秒持つだけで頭がバグるはずだが、
 センエースだから、ギリギリ、扱うことも可能となっている。
 本当におかしな男である。

 ――と、そこで、センは、紅院の全身をチラ見して、

(……幼児化の魔法……これは……『時間が経てば戻りそう』だから、今はいいや……つぅか、『図虚空でどうにか出来そうな感じ』じゃねぇし。そんなテクニカルな魔法は使えねぇ)

 まったく根拠はないのだが、
 なぜだか、そう思ったので、
 幼児化の件は放置するセン。

 と、そこで、
 紅院(幼女)は、

(……たす……かった……生きている……)

 自分が『救われた』という事を、
 ようやく理解した。

(……怖かった……苦しかった……痛かった……でも……もう、助かったんだ……)

 ゆえに、目から、当たり前のように、涙が流れた。
 まだ整理しきれていない感情が、目からこぼれた。
 泣いているというより、本当に、
 瞳から水がこぼれている――そんな感じ。

 ――そんな紅院の様子を受けて、
 『女性のガチ涙』が普通に苦手なセンは、

「……ぃや、あの……泣かれても……」

 普通に動揺する。
 『紅院の目からあふれる涙』は、
 時間経過にともない、どんどん質量を増していく。

「ちょ、こっち見ながら、無言で泣くのやめてくれない? 怖いんだよ。なに? その行動は、もしかして、『涙の訴え』的なアレか? 『助けにくるのが遅い』っていう抗議的なアレですか? ……いやいや……あのねぇ……」

 コホンと『流れ切断』のセキをはさんでから、
 紅院に向けて、センは、

「救援にくるのが遅くなったことは認めよう。しかし、俺は、別に『正式なレスキュー隊員』じゃないから、いくら泣かれようが、ここで己の力不足を謝罪することはしない! ハッキリ言うぞ! この空間にかけられていた次元ロックは、アホみたいに強固で、おまけに、迎撃システムがハンパなかったから、穴をあけるだけでも、すげぇ労力がかかった! レーザーに貫かれ、火炎放射に焼かれ、ヤリにつかれ、ギロチンに切断され……ほんとに、しんどかった! 断言するが、俺じゃなかったら、穴すら開けられなかっただろう!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く