話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話 深淵をのぞくとき、深淵もまた、こちらをのぞいている気がしないでもない。

 82話 深淵をのぞくとき、深淵もまた、こちらをのぞいている気がしないでもない。

「誰でもいいから、助けて! お願い! こわい! こわい! こわい!!」

 必死になって、ツァールから逃げようとする紅院。

 ――が、当然、

「はい、おつかれぇ」

 瞬間移動で、目の前で移動してきたツァールが、
 ひどく呑気な声をかける。

「ひぃ」

 ツァールに対する恐怖心から、
 ペタンとその場に倒れこんでしまう紅院。
 そんな彼女に、

「さあ、倒れている場合ではないぞ。次に捕まえたその時、私は、貴様に対し、先ほどの数倍の拷問を通す予定だ」

「……すう……ばい……」

「もちろん、死ぬこともできない。貴様は永遠の地獄をさまようことになる」

「……」

「いやなら、必死になってにげることだ。逃げて、逃げて、逃げて、逃げ続けろ」

「……」

「そうして、苦しんで、苦しんで、壊れて、壊れて……その果てに、ようやく……貴様の死は一つの芸術として完成する」

「……ぃ、いや……」

 止まらない涙。
 心がぶっ壊れそう。
 というか、ここまでに何度か壊れている。
 しかし、ツァールが治してしまうので、
 『完全に壊れてしまう』ことすら許されない。

 終わらない絶望。
 不安と恐怖と痛みに敏感な幼女の体。

 絶望のトリプル役満のような現状に、
 紅院は、

「ぅぁああ……ぁぁあ……ぁあぁ……」

 ただただ涙を流した。
 もはや『救いを求めること』すらできず、
 赤子のように、ただただ泣いた。

 そんな彼女に対し、
 ツァールは、

「逃げないか……まあ、逃げられないだろうな……『それほどの根性』があるようにも見えないしな」

 そんなことをつぶやきながら、
 右手を、さらに凶悪な形状へと変化させ、

「それでは、拷問の続きをはじめようか。紅院美麗。貴様は、まだまだ、絶望の最果てを知らない。こんなものではない。こんなものではないのだよ、紅院美麗。本当の絶望は、まだまだ、こんなものでは――」

 と、
 その時だった。

 ギチリ……ッ……

 と、次元の裂ける音が響いた。
 それは、肉が裂ける音にも似ていた。

 音の発生源――その位置は、ツァールの足元。
 地面ではなく、ツァールのヒザの当たり。

「ば、バカな……『虚空の次元ロック』が……干渉された……そんな、ありえな――」

 最後まで口にすることはできなかった。
 セリフが完結する一瞬前に、
 次元の傷口から、
 『満身創痍の閃光』が飛び出して、



「――深淵閃風(しんえんせんぷう)――」



 登場すると同時、
 『疲れ果てた様子の閃光』は、
 あきらか『コンディション最悪』にもかかわらず、

 パーフェクトに美しい水面蹴りで、
 ツァールの足元をさらっていく。


「――うぉおっっっ!」


 抗い方を見失う一手だった。
 とてもじゃないが、ツァールに対抗できる武ではない。

 ――『舞い散る閃光』は、
 ツァールの体軸を思いっきり崩してから、
 その勢いを保ったまま、


「――魂魄一閃(こんぱくいっせん)――」


 歪なナイフ『図虚空』で、
 ツァールの首をスパァァっと切り裂いていく。

「――っ――」

 首を体から切り離しただけではなく、
 魂魄を一刀両断する一撃必殺。

 ――『己の死』を受けて、
 宙を舞っているツァールの『首から上』がボソっと、


「死――神格の私が――脆弱な人間の一撃で――死っ――そ、そんなバカな――」


 とびっきりの『不可解』を口にする。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く