『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

78話 ソーラーフレア。

 78話 ソーラーフレア。

「そんなにゆっくりと攻撃されるとアクビが出てしまう。もっと、全力できてくれないかね?」


「……くっ」

 奥歯をかみしめながら、心の中で、

(全力だっつぅの!)

 叫びながらも、それを口にすることのメリットはないので、

「アサルトスキルON! ソニックブラスト!!」

 ソニックスイングよりも技使用後のスキは大きいが、発生速度と火力に優れている技を使う。
 『これを簡単に避けられてしまうようでは勝ち目がない』
 と断言できるほどの切り札的必殺スキル。

 それを、

「……児戯だねぇ」

 ツァールは、アッサリと回避していく。
 スイングもブラストも、大して違いはないという顔で、
 わざわざ『ギリギリの紙一重』で回避してみせる。

 その事実を受けて、
 紅院は、顔をしかめ、

(むり……ロイガーと同等かそれ以上のバケモノ……私一人では絶対に勝てない……)

 音速の理解。
 すでに、紅院の中に『戦意』は存在しない。

(逃げる……とにかく、全力で……ここから逃げのびて、『閃壱番』と合流できれば、勝機は十分にある……)

 『絶望の質量』がどれだけ大きくとも、
 同じくらい大きな『希望』があれば、
 人は、折れずに前を向くことが出来る。

 紅院の心には『閃壱番』が宿っている。
 ゆえに、彼女は、

「サポートスキルON! ソーラーフレア!」

 逃亡用の魔法を使う。
 一瞬だが、太陽のような光を放ち、
 相手の目をくらませるスキル。

 ようするには、新鶴〇流太陽拳である。

 紅院は、
 スキルを使った直後、
 結果を確認することもなく、
 即座にきびすを返して、
 『1・8』へと向かう。

(とりあえず、逃げる! それ以上の何かしらは、逃げてから考える!)

 脱兎。
 迷いのない逃亡。

 その決断力と行動力は賞賛に値する。
 ただ、



「……神格の『感覚』を、そう簡単に奪えると思ってはいけない」



 あっさりと、彼女の前に回り込んだツァールが、
 ニタニタと笑いながらそう言った。

「……っ」

 けっこうな魔力を注いだというのに、
 『1ミリも足止めできなかった』
 という事実を突きつけられ、
 紅院は、グニャリと顔をゆがませる。

「あと、一つ、絶望的な事実を教えてあげよう。ここから逃げる方法はただ一つ。私を殺すことだ」

「……」

「ここは閉鎖された空間。出口などどこにもない。私の命がカギであり扉。瞬間移動を拒絶する次元ロックも完備。さて、その事実を知ってしまった貴様は……さあ、ここからどうする?」

 ツァールの発言に対し、
 紅院が、

(……ウソの可能性もある……というか、その可能性の方が高い……そうでなければ……わざわざ、私の前に立って、道をふさぐ必要は――)

 などと、考えていると、
 ツァールが、ニタリと笑みを強めて、


「うたがうなら、確認してくるといい」


 そう言いながら、
 紳士のように、『1・8』へと続くドアをあける。

 その態度を見て、紅院は、

(……『自分の発言は嘘ではない』という『ポーズ』・『ハッタリ』である可能性も……ゼロじゃない!)

 なかば、自分の推測にすがりつくように、
 『1・8』へとダッシュ。

 そしてそのまま『1・9』へと向かう。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く