話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

76話 双子の神格。

 76話 双子の神格。

 紅院美麗は、極めて冷静に、
 周囲をうかがいながら、
 自分の状況を整理していく。

「すー……はー…………落ち着け……出口はきっとある……どこかの扉が、外につながっている……はず……」

 もちろん確信はないのだが、
 『出口などなく、死ぬまで、永遠に、この何もない立方体だらけの空間を彷徨い続ける』
 などとは考えたくないし、
 『それ』を想定したところでメリットなどないので、
 『出口はあるはず』と頭の中で設定した上で、
 紅院は行動を起こす。

「自分の位置を正確に把握すること……すべての扉を開けていくこと……結局は、それを徹底した方が早い……多分」

 結論づけると、
 紅院は、自分が今いる空間を『1・1』と名付け、
 頭の中で、将棋盤をイメージし、勝手に『現在地は、将棋盤でいうところの『1・1(右上のハシ)』である』と認識して、『1・2』へと向かう。

 ちなみに、その途中で、トランスフォームは解除した。
 『突発的な事故に備えて常時変身していたい』、
 というのが『本音』……というか『理想』なのだが、
 変身中は、魔力消費量が大幅に増えるので、
 そういうわけにもいかない。

「何もない空間……本当に何もないか……確認……」

 ブツブツとつぶやきつつ、
 紅院は、何か『ヒント』がないか視線をさまよわせつつ、
 『1・3』へと向かっていく。

「……ここは『1・3』……」

 頭の中だけではなく、
 口に出すことで、
 脳に『現在地の情報』を刻み込みつつ、

「特に目立ったヒントらしきもの……なし……まったく同じ構造の空間……頭おかしくなりそう……」

 ため息交じりにそう言いながら、
 紅院は、何もない空間を駆け抜けて、
 次々と扉を開けていく。

 そうやって、『1・7』まで来たところで、

「……ん?」

 ようやく、『それまでとは違う空気感』を感じて、
 ガッツリと警戒しつつ立ち止まり、周囲を観察。

 ――その数秒後、
 空間のど真ん中に、ジオメトリが出現し、
 その奥から、


「……ぷはぁ」


 『ロイガーの色違い』みたいなムキムキの化け物が登場した。
 形状はほぼほぼ同じで、
 色だけが、ロイガーよりも『わずかに青っぽい』といった印象。

 『色違いロイガー』は、紅院を視界に収めると、

「……よぉ、お嬢さん、こんにちわ」

 ロイガーよりわずかに高い声で、そう声をかけてきた。
 紅院は、警戒心をさらに上昇させつつも、

「……こんにちは……」

 と、丁寧にあいさつをかえす。

 そんな紅院に対し、
 『ロイガーの色違い』は、
 ニィと微笑みながら、

「まずは、自己紹介といこうか。私はゼノ・ツァールという。貴様ら神話狩りに殺されたロイガーとは双子の関係にある。どちらが兄かは聞かないでくれ。その辺は、繊細な問題なんでね」

「なぜ、私たちが、ロイガーを殺したことを――」

「知っているのかって? そこは大した問題ではない。スルーしておいてくれ」

 サラっと流してから、

「それよりも、聞かなければいけない問題があるだろう? 私は、君たちに殺された神格の双子だぞ?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く