『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

75話 過保護はやめようか。

 75話 過保護はやめようか。

「ダンジョンは、殺意の高いワナが満遍なく配置されていることがほとんどなので、かなりの覚悟が必要です」

「……ふむ……なるほど。アイテム探索はそんな感じか……だいたい見えてきたな……」

「それで、どうします? この宝箱、誰があけますか?」

 そこで、トコが、

「閃以外ならだれでもエエ。というか、閃だけは絶対に開けんな。『開けたヤツに大ダメージが入るワナ』がたまにあるからなぁ」

「過保護はやめようか。同級生の女子高生から過保護をくらうとか、精神的に、しんどすぎて、たまらん」

「アホか。過保護とかやない。あんたに、死なれたら、世界中が困るってだけの話や」

 と、そこで紅院が、

「私があける」

 と言いながら、トランスフォームをする。
 変身した状態なら、防御力も大幅に上がっているから、ダメージ系でも、そこまで大きな問題はない。
 いや、ないこともないが、この中で、一番、被害が少ない。

 まあ、実際のところは、ツミカの方が『高位のトランスフォーム』を使えるので、
 一番被害が少なく済むのは彼女なのだが。

「全員、ある程度の距離をとって」

 全員に、離れるよう命令を下し、

「……厄介なワナではありませんように……というか、そもそも、ワナじゃないパターンで、どうかよろしく」

 そう願いながら、紅院は、ソーっと宝箱を開けた。

 しかし、宝箱の中身はカラだった。
 厳密には、宝箱の底に、ジオメトリが刻まれており、
 紅院が、『宝箱の中身はカラである』と認識した直後、
 そのジオメトリは、カッっと、強い光を放った。

 その瞬間、



 紅院の視野がグニャリとゆがむ。





「っ……ぁっ」





 視界の歪みは、数秒程度でおさまった。
 意識が完全な状態に戻ってすぐ、
 紅院は、バっと後ろを振り返る。

 先ほどまで、すぐそこにいた仲間たちの姿はなかった。


「……ちっ」


 現状を認識すると同時、
 紅院は、軽く天を仰ぎ、舌打ちを一つ。

「転移のワナか……」

 小声で、ボソっと、そう言いつつ、
 携帯ドラゴンを召喚し、
 トコに連絡をつけようとしたが、

「……通じない……次元ロック……ジャミング……どれが理由か知らないけど、とにかく通信は無理……と」

 状況を精査しながら、

「閃壱番がシャワールームに飛ばされた時も……こんな感じだったのかな」

 などと、どうでもいいことをつぶやきつつ、
 紅院は、周囲を観察する。

 ここは、教室サイズの何もない立方体の空間で、
 四方には、それぞれ、扉が一つずつ設置されていた。


「東西南北……どれかを選んで、ゴールを目指せ……みたいな感じ?」


 この空間の構造を推察しつつ、
 紅院は、テキトーに選んだ扉を開ける。

 すると、扉の向こうには、
 まったく同じサイズの空間が広がっていた。
 そして、同じように、4つの扉。

「……正解のルートを見つけるパターン……かな?」

 などとつぶやきつつ、
 紅院は、最初に飛ばされた空間に戻り、
 違う扉を開けてみる。

「……同じサイズの立方体が無数に並んでいる……みたいな構造かな……」

 極めて冷静に、
 周囲をうかがいながら、
 自分の状況を整理していく。

「すー……はー……落ち着け、私……出口はきっとある……どこかの扉が、外につながっている……はず……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く