『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

74話 茶柱ATM。

 74話 茶柱ATM。

「どんな時でも、ツミカさんは、常にフルスイングがモットーだにゃ」

「お前のフルスイングは、球を打ってんじゃなく、心というガラスを割ってんだよなぁ……」

 などといいながら、センは、婚姻届けに書かれている内容を読み込んでいく。

「……『婚姻後の苗字』に関しても、しっかりと『妻の氏』のところにチェックが入っているのがリアルすぎる。仮に、お前と結婚したら、確実に、俺の苗字がかわるからな。……てか、これが受理されたら、俺の名前『茶柱ATM』になっちゃうんだな……おぉ、すげぇ名前……俺の要素が完全に消えた……ギリギリ、『A』が、エースとも呼べるが……うーむ……」

「ねぇ、ねぇ、アトムくん。子供は何人ほしい? ツミカさんはねぇ、一人もいらなぁい。小さなガキが家を走り回っているところか、想像するだけで、ゾっとするにゃぁ。あ、ちなみに、新居は『億ション』以外イヤだにゃ。バーカウンターとプールも必須だにゃ。もちろん、ペットは、ホワイトのサーベルタイガーでぇ……あ、あと、ツミカさんが議員になった時、動きやすいよう、アトムくんには、東大を首席で卒業して、事務次官になってもらうからねぇ」

「……発言のすべてが、どれも、ケタ違いにヤバ過ぎてゲロを吐きそうだが……とりあえず、まずは、アトム呼ばわりをやめようか。ここにそんなヤツはいねぇ」

 などと、どうでもいい会話をしていると、
 そこで、黒木が、


「あ、見つかりましたよ」


 と、アイテム発見の報告をしてくる。

「宝箱タイプで、カギはなし。ワナは……開けてみないと分かりませんね」

 特に、何の変哲もない廊下のど真ん中に、
 ポツンと置かれている宝箱が一つ。

 それを見つけたセンは、

「……え、ウソだろ? アイテムってこんな感じで見つけるもん? ていうか、こんな堂々と置かれている宝箱を、これまでスルーしていたのか? ヤベェな、おい。お前らの『節穴レベル』は余裕で『カンストしている』と言わざるをえない」

「さすがに、これを今まで見逃していた、という事はありえませんよ。――どうやら、アイテムは、ランダム生成されるみたいなのですよ。まあ、『されるっぽい』というだけで、実際にランダム生成されているかどうかは分かりませんが」

「……ランダム生成ねぇ……なんだよ、その謎のローグ感……」

「めちゃくちゃ巧妙に隠されているアイテムというのもありますよ。そっちの方が、大概、レア度は高いですね。もちろん、ランダム生成されるアイテムの中にも、たまに、レア度が高いものが見つかりますが。あと、たまに、ダンジョンへと続くゲートが見つかることもあります。ダンジョンの奥に隠されているアイテムは、ほぼ例外なく高レアアイテムなので、出来るだけ攻略したいところですが、殺意の高いワナが満遍なく配置されていることがほとんどなので、かなりの覚悟が必要です」

「……ふむ……なるほど。アイテム探索はそんな感じか……だいたい見えてきたな……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く