『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

68話 暴走金髪ツインテール。

 68話 暴走金髪ツインテール。

「いや……だからね? 現状では、お前らの存在そのものが、何よりの障害に――」

「今後、あんたの人生に我慢は不要。金が足らんという状況は絶対にありえん。契約金かわりに、とりあえず、この世界の全てをプレゼントさせてもらおうやないか!」

 トコは、目をキラキラと輝かせて、

「金品だけやない。地位も名誉も、いや、それだけやなく、履歴さえも、すべてが最高峰となる! 仮に、あんたの成績表に、『優』以外をつけるアホ教師がおったら、あたしが、そのアホの前歯をヘシ折ったる。たとえ、それが、アゲセンでも許さん!」

「そこの暴走金髪ツインテール、ちょっと話を聞け!」

 センは、全力で怒鳴りつけてから、

「いらん! 全部いらん! というか、逆だ! やめろ! なにもするな! なんだったら、俺のことはシカトしろ!」

 と、そこで茶柱が、

「やれやれ、トコてぃんは、センセーのことを、何もわかっていないにゃぁ」

 何度かゆっくりと首を横にふりながら、

「センセーは、そういうのは求めていないにゃ」

「いいぞ、茶柱! さすが、お前は、俺を理解している! やはり、お前となら、いろいろと、うまくやっていけそうだ!」

「ドMのセンセーが望んでいるものは、金品や名誉ではなく、借金や恥辱にゃ」

「は? ぁ、いや、マイナスは求めていな――」

「というわけで、センセーには、この借用書をプレゼントするにゃ」

 そう言いながら、
 茶柱は、携帯ドラゴンを呼び出した。
 呼び出されたメギドは、
 ペっと一枚の紙を吐き出す。

 その紙には、
 ――借入金額 金100000000000615円 也
   上記金額を借用しました。
   私は社会のゴミです。卑しいブタです。

 と書かれている。

「さあ、センセー、ここにサインを――」

「マイナスはいらんっつっとろうが!! つぅか、なんだ、この金額! いち、じゅう、ひゃく……100兆円?! 列強の国家予算じゃねぇか! あと、この615円っていう、奇妙な端数は何だ?!」

「借用書そのものの代金だにゃ」

「どういうガメつさ?! それ、どういうガメつさ?!!」

「1円を笑う者は、1円に泣くというガメつさだにゃ」

 といいながら、茶柱は、ポケットから取り出した万札で、
 サササっと額の汗を拭くと、
 その万札を雑にくしゃくしゃっとして、その辺に放り捨てた。

 それを見たセンは、
 『ツッコむのもメンドくせぇ』とでも言いたげな、
 とてもしぶい顔で、

「……1万円が泣いているぞ」

 と、切り込んだのだが、
 しかし、茶柱はシレっと、

「何をアホなことを……金は泣かないにゃ」

「いや、まあ、うん……そうなんだけど……」

 苦々しい顔で天を仰ぐセン。

 ――と、そこで、黒木が、渋い顔で、

「あの、話が進まないので、ツミカさんは少し黙ってくれますか? あと、トコさんも、少し黙ってください。冷静に、正確に、閃さんの要求を聞きましょう」

 その発言を受けて、
 センは、

「さすが、K5随一の常識人『黒木愛美』! あんたがいてくれて本当に良かった! あんたのその正常さに感謝!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く