『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

64話 不屈の魂魄。

 64話 不屈の魂魄。


「その点は大丈夫にゃ。『素晴らしい勇気の持ち主』という限定条件をクリアした上で『ツミカさんに惚れ切っている男』が一人いるからにゃぁ」

「……それほどのハンパなく希少な男がいるとは思えないが……ちなみに、それは、どこの誰だ?」

「隣のクラスの『真剣卍(まじまんじ)』くんにゃ」

「……まじまんじ……くん?」

「彼は、とってもすごい男にゃ。なんせ、彼は、これまでに、8回も漢検3級に落ちているというのに、まだ、普通に受ける気でいるという、とんでもない器の持ち主にゃ。あの不屈の魂魄っぷりには、敬愛の意を表するしかないにゃ」

「確かに、その情報には特異な畏れを禁じ得ないが……」

 と、素直な前を置いてから、

「俺が言うのもなんだが、そんなエグいドキュンネームのやつ、隣のクラスにいたか? 俺は、自分のクラスメイトの名前もロクに覚えていないから、確かなことは言えないが……そこまでヤバい名前のやつがいたら、さすがに『俗世とのかかわりを断っている、この閃さん』でも、ウワサを小耳に挟むくらいはしているはずなんだが……」

「あの卍くんを知らないなんて、驚きにゃ……まったく、センセーは、そんなんだから、陰で『童貞の成りそこない』って揶揄(やゆ)され散らかされているだにゃぁ」

「童貞の成りそこないって……ヤっているのか、ヤっていないのか、いまいち、判断に苦しむキラーワードだな……」

 などと呆れ交じりにつぶやいてから、

「なんというか……これまでの、アレコレというか、全体を通して、いろいろと考えた上で、お前にどうしても言いたいことがあるんだが……言ってもいいか?」

「別にかまわないけれど、ただし、最初にハッキリと言っておくにゃ。プロポーズだったら、お断りにゃ。ツミカさんの心は、卍丸先輩に奪われているからにゃぁ」

「……名前が、ちょっと変わってねぇか? あと、隣のクラスだと、同級生だよな? なんで先輩?」

「そんなどうでもいい事を気にしているヒマがあったら、さっさと、ハニーウィンストンに行って、給料三か月分の指輪を買ってくるにゃ。話はそれからにゃ」

「……プロポーズ前提で話を進めるんじゃねぇ」

「それ以外に、どんな話があるというにゃ?」

「お前の、その『女としての絶対的な自信』に水をさしてなんだが……」

 丁寧に前を置いてから、
 センは、茶柱の目をジっと見て、

「俺、お前、きらぁい」

 ハッキリと、そう言い切った。

「おやおや、ツミカさんに、そんな事言っていいのかにゃぁ? 今夜、デートしてあげようと思っていたけど、考え直そうかにゃぁ」

「てめぇ……弱みにつけこむとか、最低だぞ」

「ふふんっ、弱みにつけこまれていることに文句をつけるより、弱みを見せてしまったことを恥じるべきだと、ツミカさんは思うけどにゃぁ」

「まあ、一理なくもないが……そもそも、弱みさえなければ、つけこまれる心配もないわけだしな。しかし、人というのは、そこまで完全には――」

「ああ、ああ、ごちゃごちゃとやかましいにゃ。そんなくだらないことを口走っているヒマがあるなら、『世界一の女神茶柱罪華様、私は、あなた様の卑しい奴隷です。どうか、踏みつけてください』と、世界中に響き渡るくらいの大声で叫び、ツミカさんのご機嫌を取るべきだと思うにゃ」

「調子に乗んなぁ!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く