『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 性格、わるすぎ。

 62話 性格、わるすぎ。

 『恐怖心』を『克服する』ことは不可能。
 命ある限り、恐怖とは、永遠に戦い続けなければいけない。

 神であろうと、人であろうと、
 そこに変わりはない。

「感覚がマヒしていたわけでも、死にたがりのピエロだったワケでもない。城西……今のあなたと同じ……いえ、それ以上の絶望の底で……それでも……」

 そこで、
 茶柱は、言葉を切った。

 そこから先は、言葉で語る意味がないと理解できたから。
 だから、

「家柄がどうとか、スペックがどうとか……『そういうこと』も、もちろん器になりうる。けど『その手のブランド』は、極限状態において、頼りにならないことが多い。絶対ではないのだろうけれど……命の瀬戸際で『支え』になるほど、それらは強固じゃないと、私は思う」

「……」

「ヒーローを名乗るなら、ハンパは許されない。その場にいる全員が未来を諦めて、もうどうしようもないって状態になった時に、『それでも』と叫び続ける勇気がないのであれば、ヒーローを名乗る資格はない……と、私は考える。あくまでも、私の意見。絶対の答えではない」

「……」

「ちなみに、どう? 今、あなたは、絶望の底にいるわけだけれど、立ち上がれそう? 勇気を叫べそう? まだ、言える? 自分はヒーローだって、声を大にして言える?」

「……」

 折れた目で、
 ただ、じっと茶柱を見る城西。

 その目を受けて、
 茶柱は、一度、コクっとうなずくと、

「立ち上がれなくても無理はない。私は、あなたを責める気はない。なぜなら、私も立ち上がれなかったから。本当の絶望を前にした時、人の体というのは、驚くほど動かなくなる。『助けてほしい』とうめく事しかできなくなる」

 そう言いながら、
 メギドを召喚し、
 ロケットランチャーに変形させると、

「城西……あなたは正常。今日の無様を、恥じる必要はない。悔いる必要もない。あなたは正常だった。何一つおかしいところも、間違っているところもなかった」

 エルダーグールに標準を合わせ、

「おかしいのは……あいつだけ。あのバカ男だけが、とびっきり異常なだけ」

 そう言いながら、
 茶柱は引き金を引いた。

 放たれたロケット弾が、当然のように、
 エルダーグールの体に命中する。

 豪快な音をたてて、
 爆風が舞った。

 モクモクとした煙が晴れた時、
 そこには、バラバラになったエルダーグールの死体が散らばっていた。

「ぁ……ぁああ……」

 理解しがたい光景を目の当たりにして、
 城西は、何度も、口をパクパクと開けたり閉じたり……


「……ぁっ……」


 心の許容量を超えてしまったらしく、
 城西は、失神してしまった。

 その様子を横目に、
 茶柱は、パチンと指を鳴らした。
 すると、二人を閉じ込めていた異空間が、
 パリンと音を立てて壊れる。

 いつもの世界に戻ってきた茶柱に、

 すぐ近くに立っていたセンが、

「……性格わっるぅ……」

 ドン引きした顔で、そうつぶやきながら、
 倒れている城西に駆け寄り、
 バイタルを確かめる。

 脈拍や呼吸等に、さほど大きな問題がない事を確かめると、
 近くの壁にもたれかけさせてから、
 あらためて、茶柱に視線を送り、

「やりすぎなんだよ……普通にやりすぎだ……『振る』にしても、やり方を考えろ。こんな、エゲつないトラウマを植え付けていくとか……ほんと……引くわぁ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く