『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 交渉。

 59話 交渉。

「げ、現状……ど、どういう状況か……説明してくれないか……なにか、こちらに要求があるなら……聞く準備はある……」

 城西は、恐怖を押し殺して、言葉を紡ぎ続ける。

「金(きん)とかダイヤとか、食べ物とか……そういう、なにか、欲しいものがあるのなら……それなりの量を差し出せるんだが……」

「ははは!」

 エルダーグールは、豪快に笑ってから、

「俺の望みは、魔力を持った人間だ。……そこの女とか最高だな。くれよ」

「……」

「くく……ま、ダメと言われても、勝手に奪うがな。脆弱な人間の許可など、俺は求めちゃいない」

「……か、彼女以外で……なにかないか? 努力はする。人間は……脆弱かもしれないが、集まれば、それなりに大きな力を発揮することができる……俺は、そういう『大きな力』を動かすこともできる地位にいる……『魔力を持つ人間』……というのが、『人間社会の中に、どのくらいいる』のか、さっぱり知らないが……人海戦術で、どうにか探しだして、拘束して、あんたに差し出すと約束する……ここで、彼女一人だけを奪うよりも……そっちを選択した方が、あんたにとって、メリットがあると思う」

「お前……なかなか、根性があるな。俺を前にして、それだけ堂々と交渉できるとは」

「か、考えてくれないか……彼女は、勘弁してくれ」

「お前の度胸に敬意を表し、一つだけ、真実を教えてやる。お前クラスの『魂魄』が、仮に1億人ほど束になっても、そこの女の代わりにはなりえない」

「……」

「お前は、体も精神も脆弱な人間の中では『まだマシな部類』に入るが、しかし、それでも、そこの女の価値と比べればゴミ以下になる。『高い魔力を持つ者』の価値をナメるなよ」

「……」

「さて、ここまで聞いて、まだ何か言いたいことはあるかな?」

「う……うぅ……」

 頭をぐるぐるとまわした結果、
 城西は、

「……」

 ゆっくりと、
 ファイティングポーズをとった。

 メキメキの『弱腰』が透けて見える構え。
 決して力強くはない。
 けれど、城西は、確かに『闘う意思』を示した。

 その姿勢に対し、
 エルダーグールは、

「それはアレか? 『その女の盾』になって『死ぬ意思』の表明……みたいな感じか?」

「……うぅ……」

 そこで、城西は、
 目一杯の勇気をふりしぼり、

「あああああああ!!」

 握りしめた拳を、
 エルダーグールに向かって叩き込んだ。

 エルダーグールは、城西の拳を、わずかも避けることなく、
 その『盛り上がった胸部』で、
 ピクリと振動することもなく、受け止めると、
 ガシっと、城西の腕をつかみ、

「先ほど、あの女は、俺のことを、『強化されたゴリラ』と表現したが、しかし、実際のところは、そんなものじゃない。高位の魔力を持つ俺の全身は、強力なバリアで包まれているようなもの。物理に対する耐性は、そうとうに高い。脆弱な人間の拳など、何万発入れられようと、ケガ一つしない」

「……うぅう、ぃいい……」

 だんだんと力を込められて、
 城西の腕が軋んでくる。
 ギリギリと、骨の変形していく音が、
 城西の脳内に響く。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く