『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 微妙に不都合な真実。

 57話 微妙に不都合な真実。

「さすがの俺でも、お前らより下にはいない。お前らの存在は俺の太陽だ。おかげで、強く生きていける。自分より下がいるんだと思えるだけで、こんなにも心が楽になると教えてくれてありがとう」

 そんなセンの言葉をかき消すように、
 茶柱は、遠くを見ながら、

「あれは昨夜のことにゃ。ダーリンは、月夜を見上げながら、『ぼくは、君だけのヒーローさ』と、熱く口説いてきたのにゃ」

「ビミョぉおおおおおおおに真実を混ぜてくるんじゃねぇ」

「……『頭がおかしくなりそうなくらい、君が好きだ』『君のためなら死ねる』『たとえ両腕を失ったとしても、君を守る』と、めちゃくちゃしつこく口説いてくるものだから、つい根負けして、OKを出してしまった……というのが、コトの真相にゃ」

「……ねぇ、なんで、そんなウソばっかりつけるの? 君には、人の心というものがないの? ねぇ? ねぇ?」

 イライラを隠し切れないセン。
 その向こうで、城西は、
 むしろ『ここ』を『チャンス』とみたのか、

「罪華さん、僕も、あなたのためなら死ねます!」

 そう言いながら、
 茶柱に詰め寄って、

「あんな口だけの無能なんかよりも、僕は、よっぽど、あなたの事を愛している! 僕の覚悟は、彼とは次元が違う!」

「おお、すごい自信だにゃぁ! ツミカさん、八方から愛されすぎちゃって、困るにゃぁ」

「僕は、あなたを守れる男になるため、必死になって努力してきた! この肉体と頭脳が、その証拠です! 閃のような『耳障りのいい言葉を発するだけの努力不足』とは、積み重ねてきた覚悟が違う! 僕は、本当に、命をかけられる! 僕こそが、あなたのヒーロー!」

「すごいにゃぁ! まさか、そこまでツミカさんの事を思ってくれている男が、こんな身近にいただにゃんて! 気づかなかったツミカさんは、とんだ愚か者にゃ!」

「いえ、あなたは何も悪くない。これまで、つい臆病風にふかれ、遠慮して『一歩引いたところ』から、あなたを見守ることに徹していた僕が悪い! これからは、あなたの隣で、あなたを守っていきたいと思っております!」

 ――その宣言の直後だった。
 城西の視界がグニャリとゆがむ。




「っ……なっ……!」




 感覚の異常は一瞬のことだった。
 だが、その身に起こった異常事態は、
 一瞬で終わってくれるものではなかった。


「な、なんだ……どういう……ここは……ぇ?」


 体育館裏にいたはずの城西。
 しかし、今、彼は、
 真っ白な空間にいる。

「つ、ツミカさん……あの……」

 この白い空間には、
 茶柱もいた。
 しかし、センはいない。

 城西と茶柱、二人だけの空間。

 茶柱は、周囲をぐるりと確認してから、

「なんだか、よくわからないけど、どうやら、ツミカさんたちは、変なことに巻き込まれたみたいだにゃぁ。怖いにゃぁ。不安だにゃぁ。あ、でも、ツミカさんには、『覚悟がハンパないヒーロー』がついているから、何も問題はない……そうだよねぇ?」

「……っ、は、はい! 心配しないでください! ぼ、僕が必ず――」

 『守ってみせる』と、言い切る前に、
 城西の目の前に、
 奇妙な亀裂が入った。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く