『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 やめて、私のために争わないで!

 56話 やめて、私のために争わないで!

「俺は、いつだって、俺のやりたいようにやるだけさ」

 センはそう言いながら、
 ゆったりと武を構える。

「俺から殴り掛かることはしない……だが、殴り掛かってくるなら、殴り返す。今度は黙って殴られてやらねぇ」

「ナメるなよ、ガリ勉野郎……」

「たぶん、俺より、お前の方が勉強していると思うから、その罵倒は、正しくないような気がするが……」

「ナメるなよ、『ガリ勉のくせに俺より成績低い野郎』……」

「……何も間違ってないけど、腹立つな」

 そこで、両者は押し黙る。

 静かな緊張が走って、
 空気の音が、互いの耳をつく。

 ――と、
 その時、



「やめて! ツミカさんのために、争わないで!!」



 そんな声が響いた。

 反射的に、両者、
 声のする方に振り替えると、

 そこでは、レトロなゲームボーイをピコピコやっている茶柱がいた。
 その雰囲気からは、センと城西に対する興味を微塵も感じない。

 センは、イラっとした表情で、

「そういう『劇場型のセリフ』は、ちゃんと俺たちの目を見て言おうか」

 そう言うと、茶柱は、
 ゲームボーイの画面に釘付けになったまま、

「ダーリンの目が凛々しすぎて、そっちを見られないにゃ……ふっ」

「鼻で笑いながら言うんじゃねぇ」

「ああ、ダーリン、あなたはどうして、そんなにカッコいいのかにゃ……何がどうとは言えないし、造形的にはキショいし、全体としては見るに堪えないけど、とにもかくにも、カッコ良すぎる気がしないでもない今日この頃だにゃぁ」

「……お前が、俺の容姿に大いなる不満を抱えていることだけはよくわかった」

「不満はないにゃ。不愉快なだけだにゃ」

「よけいにタチが悪いな……」

 そこで、放置されていた城西が、

「罪華さん……あなたは、閃の事が嫌いなんですか?」

「キライではないにゃ。ただ、色々と、虫唾が走る箇所が多くて困ってはいるにゃ」

 その発言に対し、センはため息交じりにつぶやく。

「キライの方がまだマシと思える辛口判定だな」

 などと言葉を交わし合っている二人。
 城西は、茶柱に視線をロックして、

「では、閃と付き合っているというのは、やはり、嘘なのですか?」

「嘘ではないにゃ。まことに遺憾ながら、その男は、一応、ツミカさんの彼氏ということになっているにゃ。その男が、どーーーーーしても、ツミカさんと付き合いたいと、10時間耐久の土下寝(どげね)までしてきたから、つい、可哀そうになって、仕方なく付き合ってあげている、みたいな感じだにゃ」

「すげぇな……今、口に出したこと全部がウソじゃねぇか。人の性根ってのは、そこまで、しっかりと腐ることが出来るものなのか……今、俺は、ドン引きの向こう側に立っている……」

 愕然としているセンに、
 城西は、

「10時間の土下寝だと……お前、正気か?」

「あそこにいる『ハンパじゃない嘘つき』と『お前』よりは、まだ正気だ。実際の話、俺の頭も相当に歪んではいるものの、しかし、さすがの俺でも、お前らより下にはいない。お前らの存在は俺の太陽だ。おかげで、強く生きていける。自分より下がいるんだと思えるだけで、こんなにも心が楽になると教えてくれてありがとう」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く