『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 非常に優れた男、城西。

 56話 非常に優れた男、城西。

「今の俺に使える額は少ないから、その辺が限界だ。ウチの親は、金に関して厳しくてな。あまり小遣いをくれないんだ」

「……嫌味で言っているなら、まだかわいげがあるんだが、そんなマジの顔で言われたら、もう、何も言えねぇなぁ……」

「嫌いな相手と別れると言うだけで3000万が手に入るんだ。これ以上ない話だろ? 言っておくが、3000万という額は、一般人の視点で言えば、かなりの大金だ。一サラリーマンが、それだけの貯金をつくるには、数十年を積む必要が――」

「言われなくてもわかっているよ。カ〇ジの鉄骨編を読んでいるからな」

 そう言いながら、
 閃は、小切手の裏表をまじまじと見つめ、

「いやぁ、まさか、小切手をもらう日がくるとは思っていなかったな。くく……この小切手は、なんか、面白いから一応、貰っておく。換金する気はないから、決済できないよう、一本、電話しとけよ。この千円は、さっき殴られた分の慰謝料としてもらっておく」

 そう言いながら、懐におさめるセンに、
 城西は、

「……嫌いなんだろ? 罪華さんのこと」

「ああ、嫌いだね。あいつとは、ソリが合わない」

「……じゃあ、なぜ、そこまで、頑なに拒む?」

「ん? んー……」

 そこで、センは、数秒悩んでから、

「お前なら、どうする?」

「……は?」

「茶柱と別れろと3000万の小切手を渡されたら、お前ならどうする?」

「破り捨てるさ」

「それと同じだ。ほぼ、な」

「……」

「納得していただけたかな?」

「……なら……痛い目をみてもらうことになる」

 そう言いながら、
 城西は、ポケットから取り出した黒い手袋をはめて、

「俺のメイン職業は『ナイト』では無く『プリンス』だが……俺も、彼女の隣に立つ男を目指しているんでね。当然、『肉壁専用のボディーガード連中』に交じって、厳しい訓練を受けている。ちなみに、空手だけだが、フルコンタクトの黒帯だ」

「黒帯って、そんなポンポンとれるもんなの?」

「ウチの流派は厳しいから、12年が相場だが、血反吐はくほど努力した結果、8年で黒を巻けるようになった」

「……」

「覚悟が違うんだよ。お前とは。何もかも」

 その話を聞いたセンは、まっすぐな目で、

「城西、お前……確か、成績もトップクラスだったっけ?」

「学年6位だ」

 1位 黒木・薬宮(同率、満点)。
 3位 紅院。
 4位 茶柱(全教科、白紙提出ゆえ)。
 5位 蓮手。
 6位 城西。

「すげぇな……ほんと、頑張っていると思うよ、お前。勉強も、運動も……ていうか、お前ら親衛隊の連中、全員、頑張っているよな……すげぇよ、ほんと……」

 そうつぶやきながら、
 センは、自分の両手を見つめ、

「俺は『そういう意味での努力』は積んでこなかった……お前の言う通り、そっちの意味での覚悟は、まったく足りてねぇ……」

 そこで、グっと顎をあげて、

「でも、だからって、引く理由にはならねぇ。俺は、いつだって、俺のやりたいようにやるだけさ」

 そう言いながら、
 ゆったりと武を構える。

「俺から殴り掛かることはしない……だが、殴り掛かってくるなら、殴り返す。今度は黙って殴られてやらねぇ。サービスタイムは終わったのさ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く