『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 くだらない言い訳。

 54話 くだらない言い訳。

「何度も言わせるな。事実を言っているんだ。ありのままの事実を並べるのに、知った風もクソもねぇ」

 そんなセンの発言に、
 城西は、怪訝な顔で、

「一つ聞きたいんだが……閃、お前は、彼女の何がよくて付き合っているんだ?」

「どこもいいとは思っちゃいねぇよ。確かに、顔の出来はいいが、俺の『好み』のドストライクかと言えば、別にそうでもねぇし」

 そうつぶやきつつ、
 センは、自分の胸倉から、
 城西の手をひっぺがし、

「ハッキリ言うが、俺は、あいつのラリっているところが嫌いだ。言っておくが、アレ、演技じゃねぇぞ。六割くらい、マジだからな。あのイラつく喋り方は、むしろ『マシな4割』の部分で、本筋の『やべぇ6割』を隠すためのフェイントに過ぎない」

 センは、壊れたダムみたいに、
 ごうごうと、

「あいつは、根本的に壊れているんだ。俺も、似た部分があるから、よくわかる。だからこそ、同族嫌悪が爆発して、一緒にいると、常にイライラする」

 茶柱に対する罵詈雑言が止まらない。

「常時、ニタニタしているのも、普通に腹がたつ。俺はプライドが高いんでね。小バカにされるのは大っ嫌いなんだ。だが、あいつは、常時、俺を小バカにしてくる。まさに水と油。まったくもってあわねぇ」

 止まらないセンの言葉を、
 城西は黙って聞いている。

 センは続けて、

「腹黒いところが、普通にキモい。頭が良すぎるところや、才能スペックが高いところも、普通に腹がたつ。俺は才能のあるヤツが嫌いなんだ。自分が無能だからな。あいつの隣にいたら、嫉妬心がザワザワしてしんどいんだよ」

 茶柱に対する文句が止まらないセンに対し、
 城西は、


「――閃、質問に答えろ。なぜ、それほど嫌っている相手と、お前は付き合っている?」


 まっすぐに質問をされたことで、
 センは、ようやく押し黙る。

 頭の中で、

(わかんねぇよ……)

 吐き捨てる。
 自分の感情を言葉で整えることが難しい。

 茶柱のダメな所なら、
 一晩中でも語り続けることができるのだが、

(何も嘘じゃねぇ……俺が茶柱に対して思っていること、城西に言ったことは全部事実、全部、本音……だけど……)

 『茶柱の事が気になっている理由』を、
 明確な言葉にすることは、
 おそろしいほど難しかった。

「俺のタイプは……いわゆる大和撫子だ……おしとやかで、清楚で、優しくて、つつましい……普通のいい女が、好きだ……そのはずだ……たぶん……」

 茶柱は違う。
 正反対と言っていい。

「だから、あいつはありえねぇ……」

 本音を口にする。
 事実を口にする。
 真実を口にする。

 ――けれど、

(それでも、守りたいと思った……理由なんか知るか……ウムルと対面した『あの瀬戸際』で、俺は、あいつを守ることしか考えていなかった……)

 あの瞬間のセンは、沸騰していた。
 茶柱罪華の全てを守ることだけを考えて、
 現場に対して没頭していた。

(きっと、取り繕うと思えば、色々な言葉で、装飾することはできる……けど、その行動に何の意味があるってんだ。所詮は、全部、ただの後付け。くだらない言い訳でしかない)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く