『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 実にくだらない対話。

 53話 実にくだらない対話。

「苛烈にコントロールするヤツより、やんわり整えているヤツの方が優しい、と、そういう結論ってワケか……あー、どうだろうなぁ……まあ、言いたいことは分かるけど、やっぱり、普通に極論って感じがするかなぁ」

 と、本音の前を置いてから、

「どんな言葉でつくろっても、茶柱が相当のキ〇ガイだってことに変わりはない。俺の中だと、あいつは、性悪クソ女だよ。少なくとも、清廉ではないし、高潔でもない。……凛々しい……まあ、そういう部分がないワケでも、ないだろうが……でも、確実に、優しくはない。どっちかっていったら、最低の性悪女――」

 と、そこで、
 城西は、ガツンと、
 右ストレートを、センの左頬に叩き込んだ。

「ちゃんと警告したはずだ。俺の前で、彼女の悪口を言うな、と」

「いったぁ……」

 純粋に『痛み』を口にするセン。
 正直、よけようと思えばよけられたのだが、
 センはあえて、城西の拳を顔面で受け止めた。
 それは、センの意地であり、プライド。
 もっと言えば、センの『名状しがたい厄介なところ』である。

 城西は、

「彼女と仲良くしているところを見せつけられる、こちらの心の方が痛い」

 などと言ってから、
 グイっと、センの胸倉をつかみ、

「俺は、彼女にふさわしい男になるため、必死になって努力してきた。何もしていない『無能のお前』が、彼女の隣にいる姿を見るのは耐えられない。彼女と、お前が付き合っているというのが、本当か嘘か、どっちでもいいが、とにかく、別れると言え。今後、彼女とかかわらないと誓え」

 強い口調で、そう言われて、
 しかし、センは、わずかも怯むことなく、
 むしろ、ギンッと目力を強くして、

「俺の、あいつに対する評価って、悪口とかじゃなくて、事実だろ? 仮に、俺が、あいつに対して、ブスとか、頭悪いとか……あとは、なんだろうな……ビッチとか、万引きの常習犯とか、そういう嘘八百を口にしたなら、殴られても、文句を言えないけど、俺が言ったのは、全部、ただの現実だろうが。あいつは、性格が悪い! これは悪口じゃねぇ! ただの事実だ!」

「……黙れよ……お前が、彼女の何を知っている?」

「現実から目をそらしているお前よりは、まだ、あいつについて詳しい自信があるな。城西、言っておくが、お前の発言は、アレだぞ。『アイドルはウンコしない』とか、そういう系の気持ち悪さに匹敵するアレだからな」

「一緒にするな。彼女は、家族を大事にする優しい女の子だ。大好きだった弟をなくして、心を痛めて、それなのに、笑顔いっぱいで……必死に強がっている……そういう、強くて優しい女の子だ」

「それだって、表面だな。『表面2層目』って感じかな。あいつは、仮面を何枚もかぶることで、自分を守っている」

「……知った風な口をきくなよ」

「何度も言わせるな。事実を言っているんだ。ありのままの事実を並べるのに、知った風もクソもねぇ」

 決して折れることなく、
 まっすぐに言葉を並べ続けるセン。
 その態度を受けて、
 城西は、怪訝な顔になる。

「……一つ聞きたいんだが……閃、お前は、彼女の何がよくて付き合っているんだ?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く