話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 超優良物件と結婚しなければならないという宿命。

 51話 超優良物件と結婚しなければならないという宿命。

「あいつの目的は、俺を『この状況』に導くこと。お前ら親衛隊を煽って、俺に損害をあたえること。茶柱罪華の目的は、それ以上でも、それ以下でもない。言っておくが、あいつは、俺に対して、面と向かって、正式に『大っ嫌い』宣言をかましているんだからな」

 そんなセンの発言を受けて、
 城西は、

「……」

 軽く、奥歯をかみしめながら、押し黙った。
 そんな城西の『特殊な心境』に気づくことなく、
 センは、

「わかったか? じゃあ、俺、帰るから」

 そう言ってきびすを返した背中に、
 城西は、重たい声で、


「彼女は他者に興味を抱かない」


「……あん?」

「彼女は『周りの男』のことを、落ちている石ころか、死んでいる虫けらくらいにしか思っていない」

「エグい女だな。引くわぁ」

「正直……『そんなわけがないだろう』と、タカをくくっていたが……まさか、本当に、君たちが『そういう関係』だとは……動揺を隠しきれないよ」

「……」



「ハッキリ言おう。彼女は、僕の許嫁だ。近づくな」



「……すごいことを言い出したな……佐田倉だけがおかしいのかと思っていたが、もしかして、お姫様のナイトをやっている連中は、全員、頭がおかしいのか?」

「二等中位の佐田倉家と一緒にするな。ウチの格はもっと上。限りなく一等に近い二等上位」

「一等とか、二等とか、そういう国民ランクを日常生活で使うヤツってガチでいるんだな」

 『300人委員会の噂』と同じで、

 ――国民は『一等(大富豪)』『二等(富豪)』『三等(平民)』と三種類に分けられている。

 というウワサを、
 ネットなどで目にしたことが、センにもある。

 だから、城西の言っていることの意味は理解できるのだが、
 その手の言葉を、ガチで使う人間の気は知れなかった。

 軽く引いているセンの心情など、
 完全にシカトして、
 城西は、

「俺の仕事はナイトじゃない。あえていうなら、プリンスさ」

「……恥ずかしげもなく、よく、そんなことが言えるな」

「事実だから仕方がない。嘘偽りなく、真摯に、事実を伝えるから、ちゃんと聞いてくれ。実際のところ、彼女の伴侶候補は、他にも何人かいる。その中で、ルックスと、スペックと、家柄で、最上位にいるのが俺だ。ウチの家系は一応、皇族とも血縁的なつながりがあるし、紅院家ほどではないが、資産も潤沢にある」

「……ほう……となると、まあ、確かに、許嫁を自称するのも、そこまでおかしくはないかもな……」

「彼女たちには、家を繋いでいくという使命がある。いずれは、誰かと一緒になり、子をなさないといけない。その相手となる男は、もちろん、ハイスペックでなければいけない。家柄も、資産も、容姿も、学歴も、すべてが優秀でなければいけない。これは、婚活で優良物件を求める思想のような――『そうだったらいいな』という願望の話ではなく、『そうでなければならない』という宿命の話だ」

「……ま、だろうねぇ」

「俺は努力をしてきた。彼女の伴侶として認められるために……必死になって努力をしてきた」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く