『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

49話 薬宮トコの呪いを解いたのは俺だ! 知らんけど!

 49話 薬宮トコの呪いを解いたのは俺だ! 知らんけど!

「トコの呪いの事は……聞いているわよね?」

「ああ、聞いているよ。本人からも聞いたし、茶柱からも……軽く聞いた。それが?」

「その呪いが……昨夜、急に解けたらしいのだけど、なぜだか分かる?」

「……」

 そこで、センの頭の中では、
 なぜか、いの一番に、
 『図虚空』のことが浮かんだ。

(……別に、何か確証があるってワケじゃない……だが、おそらく……)

 状況証拠とすら呼べない代物。
 そんな『心もとない前提』ばかりだが、
 しかし、『繋がっている』としか思えない情報たちが、
 センの頭の中で、無駄にグルグルとウズをまいている。

「あの子にかけられていた『アウターゴッド召喚』の呪いは、凄まじく強固で、どんな解呪方法を試しても、まったく寄せ付けなかった」

 当たり前の話だが、彼女たちは、必死になって解呪方法を探していた。
 けれど、何をしても、ビクともしなかった。

 トコにかけられた呪いは、ハンパな代物ではなかった。

「……神話生物対策委員会は、多くの問題を抱えているけど、その中でも、最高位の厄介事が、トコの呪いだった。対処法を見つけないと、2年以内に、トコは自殺をしないといけないから……なのに、昨夜、突然……」

「理由は知らんけど、呪いが解けたんなら、良かったじゃねぇか。『なんか知らんけど、いえーい、らっきぃ』で処理しておけばいいだろ」

 そんなセンの対応を受けて、
 紅院は、ピンとくる。

「……やっぱり、あんたが何かしたの?」

「なんで、そう思う?」

「なんとなく……そんな気がした……明確な理由とかは、とくにない……本当に、なんとなく……」

「きわめて非論理的な見解だな。実につまらない。もっと言えば、話にならない」

 そう言い捨ててから、
 センは、きびすを返して、
 教室へと戻ろうとする。

 紅院は、
 そんなセンの腕を引き留めて、

「話はまだ終わっていないわ。もし、あなたが何かをした結果として、トコの呪いが解けたのであれば、せめて、お礼ぐらいはさせてもらいたい。受けた恩は返すのが私の流儀」

「OK。じゃあ、よく聞け。薬宮の呪いを解いたのは俺だ。方法は聞くな、知らんから。おそらく、俺は、生きているだけでも、世界を照らしてしまうんだろう。なんて罪な男なんだ。やれやれ」

 大仰に首を横に振りつつ、

「……ま、とにもかくにも、俺は、薬宮の呪いを解いたわけだから、お前に命令を下す権利を有したわけだ。よって、これから、勅命を下す。耳をかっぽじれ」

 と、丁寧な前を置いてから、カっと目を開き、

「――今後、できるだけ、俺に関わるな! お前らみたいな、面倒ごとの公約数みたいな連中とは、もう、ほんと、関わりたくないんだ! 以上っっ!」

「……面倒ごとの公約数って、どういう意味?」

「気にするな。『俺の言葉』は、基本的に終わっている。『中身』と一緒さ。こんなヤベェやつとは、お前らサイドからしても、関わりたくないだろ? というわけで、今後、俺に対する態度は、丁重なるシカトでよろしく」

 そう言い捨てると、
 センは、紅院を振り切って、
 教室へと戻っていった。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く