『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

47話 おねがいダーリン、うろたえて。

 47話 おねがいダーリン、うろたえて。

「あいつに頼んだら、リーダーを押し付けられそうでイヤだ。あいつの、あのグイグイくる感じが、普通にメンドい。あいつの人間性に関しては『尊い』とすら思うが、あの、ゴリゴリに神輿(みこし)を担(かつ)いでくる感じが、すげぇしんどい」

 心底、めんどうくさそうにそうつぶやいてから、
 茶柱の目をジっと見て、

「――お前は、そういう『メンドくさいこと』は言ってこないだろ? お前は、そこがいい。こう……いい感じに、俗世から離れているところが、俺的には、超いい感じ。一匹オオカミ気質のハリネズミ同士、適切な距離感で、お互いを便利に利用しつつ、うまいこと、やっていこうや」

「……」

「あ、そうだ。もういっそ、お前の口から、あいつらに言っておいてくんない? 『こっちはこっちで勝手にやるから、気にするな』――みたいな感じの事を」

「……」

「ていうか、『夜の学校には、もう、こなくていい』って言っておいてくれ。ぶっちゃけ、俺とお前がいたら、どうにかなるだろ? 無意味に探索班の数を増やして損傷のリスクを上げる必要はない。あ、ちなみに、いうまでもないけど、その辺、ちゃんと、うまいこと、言っておいてくれよ。どういうストーリーにするかは任せるけど、とにかく、俺は、ヒーローとして戦うんじゃなく……なんていうか、その……そう、あれだ。俺は、俺自身を突き詰めるために戦う。決して、あいつらのためでも、世界のためでもない。だから、感謝がどうとか、王がどうとか、そういう話にはならないように……うまいこと、言いくるめておいてくれ。お前なら、そのぐらい余裕だろ?」

「……」

「というわけで、今後とも、どうぞ、よろしく」

「はぁあ……なんていうか……こいつ、マジで、いろいろムリ……」

 深いため息をつきながら、
 茶柱は、イラつきを隠そうともせず、
 雑な態度で、
 センの部屋から出ていった。

 センは、その背中を見送りながら、

「なんでも願いを叶える……か。もしかして『付き合ってくれ』って頼んでいたら、ギャグじゃなく、ガチの恋人になってくれたのかね………………はは、なんてな……ありえねぇ、ありえねぇ。つぅか、俺は、そこまでキモくねぇ」

 そうつぶやきつつ、ベッドから降りて、大きく伸びをした。





 ★





 ――その日、
 とりあえず、普通に学校に向かったセン。

 『はたして、茶柱は、今夜、手伝ってくれるだろうか』
 などと考えながら、
 自分の教室に入ったところで、



「ダーリン、おはよう! 今日は、いい朝だにゃぁ!」



 背後から忍び寄ってきていた茶柱が、
 クラスメイトたちに見せびらかすように、
 センの背中に抱き着いた。

「ちょっ……おまっ……何を――」

 慌てるセンに、
 茶柱は、続けて、

「昨日の夜は、すごかったにゃぁ。あんなに熱い夜は、生まれて初めてだったにゃぁ」

 などと、大声で喚くものだから、
 クラス中が、全力でザワっとしていく。


「え? どういう系の冗談?」
「いや、いくら茶柱でも、そういう冗談は……」
「ほんと、どういうこと? これ、え? マジ?」
「あの『顔面偏差値48』と茶柱が……え、ほんとうに?」
「いやいや、そんなわけ――」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く