『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

45話 え、今、何でもするって言った?

 45話 え、今、何でもするって言った?


 重たい沈黙の時間が5秒ほど経過したところで、
 センは、覚悟を決めたような顔になり、
 グっと顎をあげて、茶柱の目を見つめ、



「ヒマだったから、つい、出来心で。――反省はしている」



 などと供述した。

 あまりにもまっすぐに、
 自分の目を見てそう言ったセンに対し、
 茶柱は、

「……」

 一瞬だけ、
 唖然としてから、

「……は、はは……」

 つい、笑ってしまった。

 センが目を覚ますまでは、
 『とことん追求するつもり』だったのだが、
 『覚悟の質が違う目』を向けられたことで、
 戦意が折れてしまった。

「あ、そう……ヒマだったから、つい助けちゃったんだ」

「ああ。それ以上でも、それ以下でもない。それが真実であり、本音であり、現実であり、事実だ」

 あくまでもシラを切り通すセンに、
 茶柱は、

「私も、あんたに倣(なら)って、真実の本音を言っていい?」

「お好きにどうぞ」



「私、あんたのこと、きらぁい」



「……」

「世界一、嫌い。あんたのこと、私は、世界で一番、気色悪い生き物だと思っているわ。あんたと比べたら、まだ、ゴキブリの方がカワイイ」

「異議あり! 対戦相手がゴキブリなら、さすがに、勝てる気がする!」

「何言っているの。バカじゃないの? ゴキブリは飛べるのよ?」

「だからなんだってんだ。てか、飛行ダイブしてくるって点が、ゴキブリの最も忌避されている点だと思うのだが……」

「なんでもいいけど、あたしは、あんたのことが嫌い」

「もういい、わかったから。何度も言うな」

「死ぬほど嫌い」

「わかったって! 言っておくが、ちゃんと傷ついているからな? お前の言葉のナイフは、俺の心を、シッカリとメッタ刺しにしているんだからな?」

「あんたのことは嫌いだけど……ユウキを助けてもらったのは事実だからね。特別中の特別で、何か御礼をしてあげるわ。一つだけ、私に、なんでも命令できる特権をあげる」

「え、今、何でもするって言った?」

「ええ、言ったわ。そして、私がその気になれば、実際のところ、たいていの事が出来る。で? どうする? 何を望む? なんでも叶えてあげるけど」

「マジかぁ……んー……じゃあ……」

 軽くためてから、
 センは、茶柱の目を見つめる。

 そんなセンの目を、
 茶柱も、ジっと見つめた。
 トクンと、心臓が鳴った。
 この上なく『みっともない鼓動』だと、茶柱は思った。
 だから、つい赤くなりかけて、
 けど、鋼の精神力で、自分を制した。

 茶柱罪華は、センの言葉を待った。
 誰かの言葉を真剣に待つのは初めてかもしれない、
 などと、そんな事を想いながら、
 センの言葉を、ただ待った。

 そんな彼女に、
 センは言う。



「明日から、アイテム探索するから。手伝ってくれ」



「……ん?」

 一瞬、何を言われているのかわからなくて、茶柱は普通に聞き返した。
 想定していた答えと、あまりにもかけ離れすぎていて、
 この一瞬、普通に脳がバグった。


「え? なんて? 聞き間違いだと思うから、もう一回、言ってくれない?」

「明日から、アイテム探索するから、手伝ってくれ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く