『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

43話 リーンカネーション。

 43話 リーンカネーション。

「私は死ぬのか……」

 そう問われて、
 センは、静かな声で、

「ああ。中核を殺したからな」

「……そうか……」

 穏やかに、

「ふふ……ふふふ……」

 微笑んでから、

「つまらない命だったな……すべての享楽を捨てて、真理を追い続けて、追い続けて……神になったはいいものの、結局のところは『大神の使いっパシリA』になっただけ……『神になれた自分は幸運だ』などと『自身の傷を舐めるだけの惨めなウソ』を垂れ流しながら……ダラダラ、ダラダラと『今日しかない永遠』を生きながら、『上位者にとって都合のいいコマ』をしていただけ……」

「……」

「私の神生は……人生も含めて……驚くほど空虚だった……。無機質な毎日と向き合うだけで、明日を夢見たことすらない。善でも悪でもなく……いつだって、フラットで無味無臭……一言で言えば……私は平凡だった……」

「いや、平凡ではねぇだろ。平凡をナメんな」

「生まれ変わったら……『振り切った生き方』をしてみたいものだ……ダラダラと『他者の駒として使われるだけの退屈な一生』を送るくらいなら……『蝉』や『カゲロウ』のように『わずかな一瞬に全力をかける一生』の方が、まだマシだとすら思う……」

「俺はイヤだな……特にセミはイヤだ。五年も六年も、土の中でジっとして、いざ、外に出られると思ったら一週間で死んで……『なに、そのエグい罰ゲーム? 地獄すぎん?』としか思えねぇ」

「だからこそ美しく輝く……などと思わなくもないが……まあ、そうだな……どうせなら、『何かを残したい』という想いもなくはない……」

 ウムルは、まっすぐに、
 『ここではないどこか』を見つめながら、

「仮に、また『人や神のような長命種』に生まれ変わったなら……そうだな……『悪に振り切った生き方』をしてみたいな……純粋で無垢な悪の権化……その一生は、非常に楽しそうだと思わないか?」

「まあ、思わなくもねぇよ。妄想するだけなら自由だからな。しかし、実行はしない。死んでも。理由はダセェから」

「ふふ……」

 ゴポっと、さらに、黒い塊を吐き出す。
 命の大半を吐き出して、カラカラになったウムルは、

「私の命も、あと数秒といったところか……ふふ……ついでだから、最後まで、聞いてくれ。私には、もう一つ、夢がある……」

「興味ないけど、最後だし、一応、聞いてやるよ。どんな夢?」

「主人公のライバルになりたい……『誰にも認知されずに死ぬ脇役』ではなく、『この世で最も重要な存在』の記憶に『誰よりも強く残る命』に……私はなりたい……」

「どうせなら、主人公を目指せよ」

「ふふ……そこまで……おこがましくないさ……それに……主人公は――」

 最後に、

「――大変そうだ……なりたくないね……」

 そうつぶやくと、
 ウムルの体は、パラパラと粒子に分解されていく。

 放散された小さな塊は、
 ゆらゆらとただよって、
 センの足元にある『図虚空』の中へと注がれていく。

 数秒の間をおいてから、
 センは、

「同意見だぜ」

 そう呟き、
 バタリとその場に倒れこんだ。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く