話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 反応反射。

 41話 反応反射。

 センの視界が、
 『飛び交う刃』の残像だけで埋め尽くされる。

 もはや、脳で処理できる範囲にない。
 それを理解すると同時、


(前提は全て積んだ……あとは、俺の潜在能力に賭ける……っ)


 穴だらけの不完全な思考が、おぼろげな線になる。

(可能性があるとしたら、カウンターのみ……チャンスもタイミングも、おそらく一瞬……さあ、決めてくれよ……俺)

 自分の深部に全額をベットする。
 と同時、センは考えるのをやめた。

 脳に送る予定だった気血を、全て、
 『もっと深いどこか』へと注ぎ込む。

 『どこ』に注がれたのか、言葉で説明するのは不可能。
 現在のセンは、基本的に、自分の行動を理解していない。

 全ては、高次の反射。
 『こうしたいと願う全て』に、
 魂魄の芯が、驚くほど完璧に応えてくれる。

(……白い……)

 世界がモノクロになって、
 安全地帯が白色に見えた。

 時間経過と共に歪んでいく安全地帯。
 ゆえに『どう動くべきか』のルート演算が求められた。

 極限戦闘時におけるセンの頭は、
 爆熱を放散しながら沸騰する。

 数兆を超えるパターンを、一瞬で予測演算。

 ――この技能は、決して、才能によるものではない。
 ソウルゲートで200億年。
 戦闘力を鍛える以外に何も出来ない空間で、
 ありえない量の時間を積んだからこそ可能なスキル。

 狂うほどに没頭してきた。
 『年』を単位にすれば200億だが、
 『試行回数』を単位にすれば、
 もちろん、その質量は『京』を超えていく。

 万を、億を、兆を、京を超えて、
 愚直に繰り返してきた。

 だから見える。
 それだけの話。

(刃の弾幕が厚すぎる……俺の身体能力だと、完全回避は不可能)

 考えるのをやめても、
 反射で演算結果が頭に浮かぶ。

 自身の感覚上では、一ミリも頭を使っていないのに、
 勝手に『思考のパッケージ』が脳内を埋め尽くす。

(俺の体が、バレェ選手なみに柔らかければ、無傷も可能だっただろうが……残念ながら、俺の体の柔らかさは人並み)

 ――現状のセンは、あくまでも、戦闘力が高いだけ。
 肉体スペックは重病レベル。

(左腕を捨てれば、ウムルの懐に潜りこめる可能性はある……確率は8割ほど……高い勝率。ただ、失敗すると、首を刈られる……)

 演算結果を受け入れつつ、
 センは、大胆に、安全地帯へと飛び込んで、
 白い影に、自分の体をあてはめていく。

 その途中で気づく。

(あ、バレるな、これ……左腕を囮にするのは悪手……)

 『ウムルの頭の中』が見えたような気がした。
 不思議な感覚だった。
 すべてが繋がっていくような錯覚。

(こうなったら、むしろ『図虚空を持っている右腕』を囮にするか……しかし、右腕を失って……『次手』に『最善』を求められるか? 左腕でもいけるか? ……ああ、いける……なんでか知らんけど……いける気しかしない……っ!)

 豪速の自問自答回答。

 豪快な『刃の弾幕』の中で、
 極限の集中力を爆発させ、
 ウムルの懐を目指すセン。

 すべてが噛み合った『神の時間』に、
 飛翔する刃たちが、下から、
 センの腕に食い込んだ。

 スパっと肉を裂き、
 ザクっと骨を切断し、
 また、スパっと肉を裂く。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く