『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 センエースごときじゃセンエースは止められない。

 38話 センエースごときじゃセンエースは止められない。

 『センの心のヤバイやつ』の暴走が止まらず、
 さすがのセンも、頭がクラクラしてきた。
 全身が悲鳴を上げている。

 ――と、その時、

「――顕現せよ――」

 センの背後に出現したウムルは、
 胸の前で両腕を交差させながら、
 両手の指でパチンと指を鳴らす。

 その結果、空間に六本の剣が召喚される。

 六本すべて、黒炎を纏っており、異質なオーラを放っている。
 ――宙に浮かぶ黒炎刀は、

「踊れ……黒零の剣翼……」

 ウムルの命令に従い、六本の剣が一斉に、センへと襲いかかる。
 超高速で飛び交う刃の嵐。
 残像を量産する剣の弾幕。

 そんな、漆黒に染まる暴力の雨に対し、
 センは、ナイフの刃を丁寧に合わせていく。

 キキキキキキンッッ!!

 と、連続する『金属のかちあう音』が響きわたる。
 とんでもない反応速度で、
 八方を飛び交う全ての刃に、センは見事な対応を見せる。

(ぬぉおぉ……ウムルのやつ、想像していたよりも、だいぶ強いぃぃ……このままだと、まだ、魔力が足りない気がしないでもない……で、でも、もう、さすがに限界な気がする……これ以上やったら、完全に頭がおかしくなる気がする。だから、無難に、今のままで、どうにかやりくりした方が、結果的には合理的な気が――)

 と、『センエースの中の冷静な部分』が、
 ブツブツと言い訳をしている途中で、
 『センの心のヤバイやつ』は、
 勝手に、



「図虚空! 倍プッシュだ! 遠慮はいらねぇ! 狂気の沙汰ほど面白い! 不合理と不条理の先にしか、本当の合理は待ってねぇ! そうだろう?!」



 ワケの分からん戯言を叫びながら、
 センは、自分の中へと、魔力を注ぎ込んでいく。

(いやいやいや! やめて、やめて!)

 心の中では悲鳴の嵐。
 しかし、センは止まらない。

 ――結果、
 センの目はバッキバキになり、
 全身がブルブルと痙攣し、

「見える! 俺にも、お前の『道』が見える!!」

 そう叫びながら、
 センは身を低くして、
 極端な前傾姿勢のまま、
 ダダダダッっと、豪速で、ウムルとの距離を殺す。

 飛び交う『黒零の刃』を置き去りにして、
 ウムルの懐に飛び込むと、
 迷わず、
 ナイフの切っ先を、
 ウムルに向けて、

「――虚空閃光のキルクルス――」

 尋常ではなく重たい魂魄を乗せた強大な一撃を放った。

 深き死の電流をまとった極邪の波動がウムルを襲う。
 強大なエネルギーの奔流。
 図虚空の中に刻まれた『天極邪気』を限界以上に昇華させた、渾身の一撃。

 それを受けたウムルは、

「うぶぅおぇえええええっっ!!」

 豪快に吐しゃ物をまき散らす。

 解放された図虚空の邪は、
 ウムル・ラトの魂魄に『歪んだ傷』をつける。

 ウムルの体表で、死の電流がバチバチと音をたてた。
 直後、ウムルの全身を襲う重度の倦怠感――

「な……なんだ、このデバフは……重たい……暗い……うぇっ……」

 体がフラつく。
 脳がピヨつく。

 そんなウムルの懐に飛び込み、
 センは、

「――豪魔一閃――」

 豪速の斬撃でもって、
 ウムルの全てを、
 たたっ斬ろうとして、
 しかし、

「――うぅぬっっ!!」

 寸でのところで、ウムルは、ピヨリ状態から解放され、
 グイっと体軸をズラす。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く