『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 ちょっと何言っているかわかんない。

 37話 ちょっと何言っているかわかんない。


「――いくぞ、ウムル=ラト。殺してやる」


 そんなセンの宣言を受けて、
 ウムルは、

「……ふん」

 鼻で笑ってから、静かに武を構える。

「調子に乗るな……貴様の戦闘力は確かに目を見張るものがある。そのナイフの異常性も認める。だが、さすがに、その『脆弱な器』に包まれた状態では勝てんよ。いや、仮に、『まだ見ぬ本来の姿』であったとしても、私を超えることなど出来るはずがない」

 グググっと、オーラの圧力を底上げして、

「私は、グレートオールドワンのハイエンド。偉大なる神の導きを受けた者。ウムル=ラト」

 名乗りを上げた上で、

「貴様の核となる部分が、どれだけ高名な武神のソレか知らんが、さすがに、アウターゴッドの領域にはないだろう。私を殺せるのは外なる神々のみ。つまり、貴様では不可能」


「はっ! 可能か不可能かで、俺を測っている時点でズレているってことを教えてやる!」


「……? ん? んん? そ、それは、すなわち、どういう意味だ?」

「気にするな。ノリで言っただけだから。自分でも、ちょっと何言っているか分かんねぇ」

 などと、とんでもない前を置いてから、
 続けて、

「俺の発言に対しては、基本的に、『言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ!』とでも思っていればいい」

「……ワケのわからんヤツだな」

「まれによく言われるよ」

 そこで、
 世界は、一瞬、シンとした張りのある静寂に包まれた。

 センエースと、ウムル=ラト。
 両者は、互いに、世界を測り合う。

 全部で6秒。

 濃厚な『1/10分』が過ぎた直後から、
 『探り合い』にかけた時間の清算が始まる。

 最初に動いたのはウムル。
 亜空間へと溶けたウムルの姿を目で追うことなく、
 センはゆっくりと目を閉じた。

 感覚を研ぎ澄ます。
 六感がビンビンに稼働する。

 ナイフから体内へと供給される魔力が、
 センの感度を凶悪に引き上げる。

 『図虚空』とリンクすればするほど、
 センを襲う『不快感のクオリティ』は爆上がりするが、

(まだ行ける……まだ余裕……)

 常人ならとっくに白目をむいて気絶をしているところだが、
 しかし、センは、その状況を超えて、
 さらに、多くの魔力を、自分の中へと流し込む。

(まだ行ける……まだ……いや、もうムリじゃね? 頭、吹っ飛びそうですけど? 胃の中のゲロが、全身の血管を這いずり回っているような、そんな錯覚に陥っているんですけど……あの、センさん、もうやめません? もう、さすがに止めません? あの、なんで、まだ、『ガンガンいったるでぇ』みたいな感じ? 物心がつく前から思っていたけど、お前、ほんと、頭おかしいって……もういいって!)

 『自分の中の自分』と『心の中』でケンカをする、
 という、もう、ほんと、さっぱり意味の分からない奇行。

(おいおい、ほんと、もういい! マジで止まれ! どう考えても、もういいだろ! なんで、まだやる感じ?! マジで、もういい……も、ちょっ、マジで……お、お前、ほんと、キ〇ガイだな!)

 『センの心のヤバイやつ』の暴走が止まらず、
 さすがのセンも、頭がクラクラしてきた。
 全身が悲鳴を上げている。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く