『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 図虚空。

 34話 図虚空。

「愚かな自惚れも、そこまで貫き通せるなら『なかなかのものだ』と感嘆できる」

「自信じゃねぇよ。ただの勘だ。『あっれれ~? なんだか勝てる気がするぞぉ?』みたいな感じだ。根拠は皆無だから、自信には繋がらねぇ」

「……」

「ちなみに、言っておくと、俺は、このナイフに関して、何一つ、理解してねぇ。『茶柱祐樹と合体した』みたいな感じになった部分に対しても、実際のところは、一ミリも理解してねぇ」

 ウムルが話しかけてきたので、
 流れのままにスルーしたが、
 正直なところ、
 『茶柱祐樹が、ナイフに溶けていった件』に関して、
 センは、理由も理屈も、一つとして理解していない。

「変な雰囲気がしているカッケェデザインのナイフ……以上が、このナイフに対する俺の所見の全てだ。あと、これを握っていると、なんか、すげぇしんどいってことが、理解できている特徴の一つかな。茶柱祐樹と合体する前から、すでにしんどかったんだが、あいつが入ってきてから、さらに一段階、しんどくなった。もう、ずっと、悪寒と吐き気がするんだよ。頭痛もしているし、なんか、喉が痛いし」

「ふむ……フェイクオーラの質が高すぎて、パッと見だと『異質なアリア・ギアスが込められている』という事以外、よくわからないな……どれ、かしてみろ」

「あ、体験してみる? はい」

 そう言いながら、刃の部分を掴んで、
 ナイフの柄をウムルに差し出すセン。

「……私から提案しておいてなんだが……よく、簡単に差し出せるな」

「このナイフは、すでに、俺と一つになっている。手から離れても、『戻れ』って思うだけでも戻ってくれるよ。ほら」

 そう言いながら、センは、ナイフをその辺に放り投げる。
 雑に放り投げられたナイフは、
 地面にぶつかって、ザーっと、少し地を滑る。

「図虚空(とこくう)……戻れ」

 センが、そう命じると、
 地に落ちたナイフは。スゥっと、溶けるように消えた。
 そして、気づけば、
 地に落ちたナイフ――『図虚空』は、
 センの手の中に納まっていた。

「ほらね」

「……なるほど。ちなみに、その『図虚空』というのは、そのナイフの名前か?」

「ああ」

「貴様がつけたのか?」

「いや……つけたっていうか……このナイフが、そう呼んでくれって言ってきたから」

「……ふむ。なるほど」

「え、理解できたの? 自分で言っておいてなんだけど、今の俺のセリフは、かなりの電波宣言だったと思うんだけど?」

「インテリジェンスアイテムなど、さして珍しくもない。高次のアリア・ギアスが込められている場合は特にな」

「あの、一つ聞いていい? さっきから言っている、そのアリア・ギアスってのは何? おそらくは、『卍』と同じような『流行語』だとは思うんだけど? 俺、トレンドにはうとくてさ」

「気にするな。ただの言葉さ」

「……いや、それは分かっている、というか、それを言ったら、全部そうというか……」

 そんなセンの反論をシカトして、
 ウムルは、センが差し出すナイフを受け取った。

 その瞬間、

「うぼっおぇっ!!」

 真っ青な顔になり、
 慌ててナイフを放り投げる。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く