『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 つまりは、因果論における確定収束上の特異点的な刹那関数のアレ。

 32話 つまりは、因果論における確定収束上の特異点的な刹那関数のアレ。

「……たくすよ……もう、『他の誰か』は求めない。あんたに……あんただけに……魂魄の『大半』ではなく……僕の『全額』をベットする」

 そう言いながら、
 『茶柱祐樹の思念』は、
 『センの手の中にあるナイフ』に手を伸ばし、

「がんばれ、センエース。あんたがナンバーワンだ」

「なんで、急にエリート王子のモノマネをはじめた? というか、タメ口やめろや、年下ぁ。ぶっ殺すぞ」

 くだらないやり取りの直後、
 茶柱祐樹の思念は、ナイフの中へと収束されていく。

 コンマ数秒で、完全に一体となった茶柱祐樹とナイフ。

 センは、『祐樹と一つになったナイフ』を見つめながら、

「身勝手なやっちゃなぁ……誰も了解してねぇぞ……」

 軽く、グチをこぼしてから、
 ほんの少しの間を開けて、

「……まあ、いいけど……」

 などとつぶやいていると、
 そこで、
 ほったらかしにされていたウムルが、

「……尋常ではない『アリア・ギアス不退転の呪縛』を帯びたナイフ……そんなもの、どこで手に入れた?」

 と、当然の疑問を投げかけてきた。
 センは、いったん、祐樹の事を頭から切り離し、
 ウムルと真正面から対峙して、

「自分の教室。……あそこの校舎の二階なんだけど、分かるかな?」

 後方にある『とある校舎』を指さしながら、

「あんたが、『チャバシラユウキの思念』を出した直後くらいから、なんか、ウチのクラスの付近から、『妙な気配』を感じてさぁ……それで、見に行ってみたら、これが、机に刺さっていたんだよ」

「……」

「ちなみに、あんたは何も感じなかった? あの妙な気配」

「いや、なにも……」

「あ、そう? ……茶柱、お前は?」

 そう言いながら、ツミカに視線を向けると、
 ツミカは、センの問いに答える気は一ミリもないようで、



「……なんで……」



 『心底、意味が分からない』という顔で、

「……どうして……戻って……」

 まっすぐに、センの目を見つめていた。

 その疑念を受けて、
 センは、

「なんで戻ってきたか? んー、ま、少なくとも、お前を助けにきたワケじゃないな。その勘違いだけはするなよ? そういう感じのソレじゃなくて、これは、いわゆる、そのぉ……ようするには、つまり、アレだ。因果論における確定収束上の特異点的な刹那関数の……そのー、ま、そういうことだ」

 と『知能指数の低い返事』している途中、
 ふいに、センの頭に電球が浮かび、

「そう! 簡単に言うと『このナイフの性能を試したくて戻ってきた』のだ! 俺は、新しいオモチャを手に入れたら、その日のうちに遊び倒さないと気が済まない『ヤンチャな気質』だからな! どうだ? 実に論理的だろう?! ひゅぅ!」

「……」

「というワケで、茶柱。お前はその辺で寝てろ。ここから先は俺の時間だ」

 そう言いつつ、
 視線をウムルにロックして、

「所詮はナイフを試すついで。つまりは、結果論にすぎないが……茶柱、今日だけは、お前のヒーローをやってやる」

 まっすぐに、そう宣言してみせた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く