話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 基本的には正確な茶柱罪華のモノサシ。

 29話 基本的には正確な茶柱罪華のモノサシ。

「少し冷静になって、状況を処理してみたら『このままここにいたら普通に殺される』という当たり前の理解に至って、だから、颯爽と逃げ出した……なんて分かりすい人間」

 冷めた声で、
 たんたんと、

「少なくとも、あれは、少年漫画でよく見る『救いのヒーロー』なんかではない。『気持ちのいい勝利』以外に興味がない『勝てる相手』にだけ挑む凡人……」

 罪華は、自分のモノサシでしか『人間』を、はかれない。
 そのモノサシが完全にズレているのであれば、
 『ただの勘違い女』と処理もできるが、
 しかし、彼女のモノサシは、意外と高いと言う点が、
 なによりも厄介な点である。

「もちろん、私は、救いのヒーローなんて偶像を求めてなんかいないし、そもそも別に、助けてほしいなんて思っていないけれど……事実として、あいつは『あたしの無様な本音』を聞いていながら……けれど、『だから同情して手を貸そう』などとは、一ミリたりとも思わなかった……別に、それに対して文句を言う気はない。人間はそういうものだ。私は、それを知っている」

 罪華は語る。
 とうとうと、とつとつと、

「でも、ユウキは違った……引きちぎれそうな痛みの中で……それでも、あの子は、私の気持ちを慮って、笑ってみせた。絶望の底にいながら、私の感情を優先させた。……正直、気持ちが悪いと思った。『人間じゃない』と思った。壊れていると思った。狂っていると思った。……けど……」

「けど?」

「……救いたいと……思った……そんなことを思う資格がないのは分かっている。あんたが言うとおり、私はサイコパスだ。人の心がない。わかっている……ぜんぶ、ぜんぶ、ぜんぶ!」

 さらけ出す。
 これ以上ないほど。

 茶柱罪華は――『茶柱罪華』をさらけ出す。

「……でも、救いたいと思うぐらい……許してよ……その子を……もう……これ以上……苦しめないで……」

 命を吐くように、
 懇願をこぼす。

 その姿を見て、
 ウムルは、

「許しを請う必要はない。この私も決して『偶像』ではない。本物の神は、人の過ちに興味など示さない。『金を出して懺悔(ざんげ)すれば、免罪符が手に入る』など……そんなワケがないのだ」

「……」

「私は、ただ『私の成すべき事』を果たすのみ」

 そう言いながら、
 黒い炎で包まれた右腕を、
 思念の中へともぐりこませる。

「あああああああああああああああああああああっっ!!」

 悲痛の声が響き渡る。
 その声は、ツミカの奥底をグチャグチャにする。

 ツミカは、

「っ!」

 再度、剣を掴み、

「やめろっつってるだろぉおおおおお!!」

 喉がブチ切れるほど叫びながら、
 特攻を決めるが、

「もう、貴様の演技に付き合う気は毛頭ない」

 そう言って、
 ウムルは、残っている腕を横に薙ぐ。

 すると、その風圧だけで、
 ツミカの体は吹っ飛んでいった。

「言っておくが、私がその気になれば、貴様など100人いても瞬殺できる。今、貴様が生きているのは、私の殺意が向いていないから。それだけ。それ以外の理由はない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く