話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 最高品質の女子高生。

 27話 最高品質の女子高生。

「トランスフォーム! モード・GOO/レベル5!!」

 罪華は、必死の形相で叫んだ。
 すると、高品質の龍化外骨格が、彼女の体を包み込む。

 『紅院の全力』を超越した姿に変身すると、
 茶柱は、

「その子に、指一本、触れるなぁああああ!!」

 『飛行ユニット』と、
 『強力な魔力を放出しているガンブレイド』を、
 無詠唱で高速召喚し、
 ウムルの元へと特攻をしかける。

 もしかしたら、A級ロイガーとも、
 それなりに戦えたかもしれない――
 そう思わせるほどの速度とパワー。

 しかし、

「やはり、強いな。茶柱罪華」

 ウムルは、茶柱の全力を難なく片手で受け止めると、

「最初から分かっていた。貴様の魔力とオーラは、極端にハイクオリティ。おそらく、貴様は、この世に存在する人間の中で、ブッチギリの最高品質。精神面には、多少の脆さがみられるが、『資質』という点において、貴様より上の人間は存在しないだろう。人であった時代、私は、自分の事を『未来も含め、地球の歴史上で最高の資質を持つ知的生命だ』と確信していたが……どうやら、ただの、うぬぼれだったらしい。貴様は、この私をも置き去りにしたスーパースペックを有している」

 そのセリフには、嫉妬が混じっていた。
 心の底から湧き出るくやしさがにじんでいる。

「だが、さすがに幼すぎる。あと100年ほど修行した貴様なら、私を殺しえるだろうが……今の貴様が、私を殺すことは、何があっても不可能」

 そんなウムルの発言を、
 罪華は、一ミリも聞いていないようで、


「ユウキを解放しろ! その子を、もうこれ以上、苦しめるな!」


 要求だけを押し通す。
 そんな罪華に対し、
 ウムルは、

「サイコパスの分際で! 人の心があるフリはやめろと言っている!」

 奇妙な激昂でもって、
 罪華の体を吹っ飛ばす。

「黙ってみていろ! 私が貴様を解放してやる!」

 そう言いながら、
 黒い炎で、
 『祐樹の思念』を、無慈悲に炙(あぶ)っていくウムル。


「ぅああああああああ! 熱い! ああああああ! だ、ダメだぁあ! こ、これは耐えられないぃいい! だ、誰でもいい! 誰でもいいからぁ! 助けてぇええ!!」


「っっっ?!」

 茶柱は、ギリィっと奥歯を強く噛みしめ、

「やめろと言っているだろうぉがぁあああああ!!」

 強く、強く、強く、魔力とオーラを圧縮して、

「フルパレェェドッッ! ゼェタァァ! キャノンッッ!!」

 凶悪なキャノン砲を召喚すると、
 その銃口をウムルにロックして、


「死ね、吹っ飛べ、ブチ消えろぉお! ブラストオフ!!」


 圧縮されたエネルギーが、
 ウムルを襲う。

 凶悪な波動。
 それなりのGOOでも、一撃耐えることは厳しいであろう、
 狂気の一撃。

 ただ、

「ふふん」

 ウムルは笑って、
 右手に『魔力のこもったナイフ』を召喚すると、
 それを、適切なタイミングで、横にスっと薙(な)いだ。

 すると、
 フルゼタの波動が、
 スパァンッッ、
 と、裂けるチーズみたいに、綺麗に切り裂かれ、
 そのまま、エネルギーは、スゥっと溶けるように霧散していった。

 その光景を一から十まで全て見ていた茶柱は、

「……は……ぁ?」

 あまりの困惑に呆けているばかり。



【後書き】
今日も、一日、エグい無理をしました。
その結果、なんとか、いけそう。
というわけで、明日の朝、
「究極超神化7センエース」のイラストを投稿します。

ほんの少しでも、
「セン、かっこいい」と思ってもらえたら、
嬉しいなぁ(*´▽`*)

というわけで、今年壱年、本当に、ありがとうございました!
よいお年を!

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 紅月

    今年も毎日2話投稿するんですか!応援してます!

    1
  • 祝百万部

    あけおめです!
    感想返信が、あまり出来ておらず、もうしわけない!

    読んでくださっていること、
    心から感謝しております!!

    本当にありがとう!!
    今年も、毎日2話投稿を続けていく予定です!

    楽しんでもらえたらいいなぁ(*´▽`*)

    2
  • 紅月

    あけましておめでとうございます!
    今年もセンエース神帝陛下様のご活躍をお祈り申し上げます
    作者様も昨年ありがとうございました。今年も楽しみにさせてもらいます!

    1
コメントを書く