『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 貴様の望みは理解した。

 25話 貴様の望みは理解した。

「あの子の『心の強さ』に、変な嫉妬をすることもあった。あの子の純粋さを、ウザいと思ったことも何度もあるけど……けれど、どこかで、たぶん……救われていた。人間っていう生き物は、終わっているだけじゃなくて、美しいところもあるんだって、思えた……」

「……」

「わからない……正直、自分の気持ち、なんにも……あの子のこと、あたしは、愛していたと思うけど、変に憎んでもいたし、普通に鬱陶しいとも思っていた。『いい子ぶるなよ、ウザいなぁ、この手で殺してやろうか』って、そんな風に思ったこともある……だから、あの子が死んだ時『清々した』っていう感情も確かにあった……けど、それだけじゃない何かも確かにあったんだ……」

「……」

「頭の中、グチャグチャになって、何かに当たりたくなって……そんな時、トコが『会社の力不足』を謝ってきた……『自分の会社がもっと、マシな薬を作れたら』って、頭を下げてきた……」

「……」

「トコのせいじゃないのは分かっている。私はバカじゃない……いや、バカだった。知っている。それも、全部知ってる……私はバカだから、頭がカーっとなって、気付いたら、トコに呪いをかけていた」

「……」

「いちばんやさしい子に……思いっきり当たり散らすことで……あたしは、あたしを保っていた……」

 それまで、黙ってきいていたセンは、
 そこで、

「ぁあ……うん……」

 言葉を選びながら、

「なんとなく、わからんでもない……その気持ち……本当に、なんとなくだけど……少なくとも、何一つわからないワケじゃない……」

「うそつけ」

「いや、マジで、その……もちろん完全には分からんぞ? 同じ状況になったことがないからな。それは当然の話だ。けど……そうなってしまう『感情の暴走』は、俺にも、ありえる気がするというか……」

「うるさい。もういい、しゃべらないで。あんたの感想とか、別に聞いてないし。つぅか、勝手に話しかけてくるな、キショイっつってんじゃん」

「……」

「話はもういいでしょ。ウムル=ラト、さっさと私を殺してよ。もう、こんな世界で生きていたくない。もう、命にはウンザリ。全部が全部、気色悪いんだよぉ!」

 本音が乱れ飛ぶ。
 彼女が抱えている闇は、
 一般人に想像できる範疇にない。

 ――彼女の闇を受け止めたウムルは、
 ゆっくり、二度ほど、首を縦にふると、

「貴様の望みは理解した。神として、貴様の想いに応えよう」

 そう言いながら、
 胸の前で両手を合わせる。

 そして、

「~~~~~~~~~~」

 人の耳では聞き取れない呪文を口にすると、
 ゆっくりと、両手を開き、

「――チャバシラユウキ――」

 最後に、そうつぶやいた。
 すると、
 ウムルの目の前に、一枚の紙が出現した。

 宙に浮いているその紙を、
 ウムルは、迷わず、荘厳な炎で燃やす。

 紙は、数秒で灰になる。

 地に落ちた灰は、
 チラチラと揺らめいて、淡い光を放っている。

 その光は、やがて、結集して、いつしか、
 実体のないユラユラしている影をつくりだした。

 その影は、揺らめきながら、黒い涙を流している。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く