『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 『あきらめませんポーズ』。

 22話 『あきらめませんポーズ』。

「茶柱、はやく」

 いつまでもグズグズしている茶柱に、
 『はやく』と、せかすと、
 彼女は、キっと、センを睨み、

「意味ないでしょ! なに考えてんの?! バカなの?!」

「なに、無駄にテンション上がってんの?! はたから見ている私でも、あんたが絶対に勝てないことは分かる! なのに、当事者のあんたが、なんで理解できてないの?! 生身の人間が、本物の神様に勝てるワケないじゃない! どういうレベルのバカなの、あんたって!」

 感情をむき出しにする茶柱に、
 センは、冷めたツラで、

「ほざき終わったか? じゃあ、さっさと剣を出せ。ウムルさんを待たせるな。失礼だろ」

 その発言を聞いて、
 ウムルが、

「くく……まあ、そうせかさなくてもいいだろう。私は、まだ待つさ」

「……どうもでーす。ウムルさん、ほんと、サンキューでーす」

「ふむ。貴様……冗談っぽく言っているが、それなりに『本気の敬意』を私に向けているな。それも、恐怖ではなく、他の何かを理由にして。それは、いったい、なんだ?」

「ん? あー、俺は、努力出来るヤツが嫌いじゃないんだよ」

「……」

「あんたは、おそらく、積み重ねてきた。狂気的な努力を。エグい時間をかけて。ロイガーよりも、はるかに重たい努力を積んで、今日、そこに立っている」

「……」

「あんたはすごい。なぜか知らんが、俺にはそれが分かる。わかるから……だから、最低限の敬意は払う」

「うれしいね」

 などと、冗談っぽく言ってはいるが、
 しかし、それは、それなりに『本気の言葉』だった。

 それが理解できたからこそ、
 センは、茶柱に、

「ほら、はやく。どこまでモタモタしてんだ。グズにもほどがあるぞ、ツミカさんよぉ」

「ウザいんだけど? なんなの、あんた? 『あきらめないで闘う』のがカッコいいとでも思っているの? ダッサ。なに? 少年漫画の主人公でも気取ってんの? 気持ちわる。いつまで、頭の中『中学二年生』なんだよ、キッショ。……そんなに『あきらめませんポーズ』がしたいなら、素手で特効しとけ。どうせ、結果は変わらないんだから」

 そう言い捨ててから、
 茶柱は、スタスタと、
 ウムルの目の前まで歩き、

 真摯な目で、ウムルの目を見つめ、

「変なことに巻き込んでしまったわね。普通に悪いと思っているわ。お詫びに殺してくれていい。ていうか、殺してくれない? もういい。もう疲れた」

「……ふむ。まあ、それが願いだというのなら、神として、別に叶えてやらなくもないが……せめて、理由くらいは聞きたいところだな。なぜ、死にたい?」

「死にたいっていうか……死ぬでしょ? 人類は、あんたに勝てる何かなんて持っていないんだから。『閃壱番の異常さ』を持ってしても、あんたには勝てない。なら、人類は詰み。正式なジ・エンド」

「まあ、そうだな」

「あんたクラスの神話生物は、元の場所に帰るだけでも、膨大なエネルギーを必要とする。それは、この星全てを飲み込んでも足らないくらい。知っている、全部……エイボンの書に全部書いてあったから」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く