話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 ロイガーは E級ですけど?

 20話 ロイガーは E級ですけど?

「……どうして……」

 純粋な困惑をあらわにする茶柱。
 そこにボケの要素は一つもなかった。

 ただ、ただ、まっすぐに戸惑っているばかり。

「なんで? ……同じS級でしょ? どうして、ロイガーとここまで差があるの」

 いつもの『チョケた感じ』を完璧に失い、
 ただただ茫然としている。

「まさか、アウターゴッド? いや、アウターゴッドが、あんな簡単な手順で召喚できるわけ……そもそも……」

 険しい顔で、ブツブツとつぶやきはじめた茶柱に、
 ウムルが、

「私はアウターゴッドではない。外なる神々は、この私ですら届かない場所におられる」

「……」

「まあ、S級の中でも最高位クラスである自信はあるがね……ところで、今、『同じS級のロイガー』といったか? なぜ、E級のロイガーごときと、私を一緒にする? それは、どういう角度の侮辱だ? あまりに鋭角すぎて、『怒っていいのか』どうかもわからないレベル」

「い、E級?!」

 茶柱は、心底驚いてみせてから、

「い、いや! そんなはずない! さすがに、E級ならトコたちだけでも殺せる! ロイガーは確実に、最低でも『B級』以上の力を持っていた!」

「ふむ……」

 そうつぶやくと、
 ウムルは、瞬間移動で、
 茶柱の目の前まで移動して、
 ガっと、茶柱の頭を右手でつかむ。

 その様子を見たセンが、慌てて、

「ちょっ――おまっ……お前の相手は俺――」

 即座に詰め寄ろうとする。

 そんなセンに、ウムルは、

「落ち着け。記憶を見るだけだ」

 そう言いながら、静かに目を閉じる。
 そして、一秒後、
 瞬間移動で、元の場所に戻ると、

「ふむ……確かに、私が知っているロイガーの強さではないな。明らかに『サポート』を受けている。かなりの上位神の介入……しかし、知らない波形……私の知らない神のマリオネット……おそらくは、これも『終焉の神呪』……ずいぶんと、まあ、歪ませてくれるじゃないか……」

 そうつぶやいてから、
 ウムルは、茶柱に、

「貴様らが闘ったロイガー……確かに、そこそこマシな力を持っているようだが、しかし、階級的にはA級が精々だな」

「……A級……あれでも……A……」

「一つだけ言っておこう。アウターゴッドとGOOの間には『超えられない大きな壁』がある。『その壁』ほどではないにしても、S級とA級の間にある壁は大きい。わかりやすく、明確に数字を出そうか? そうだな……私がその気になれば、A級ロイガーくらい、15体ほど同時に相手をしても瞬殺できる」

「……」

「一つ気がかりなのは、ロイガーが『S級と騙(かた)っている理由』……ただの『愚かな見栄』か、それとも……『誰か』に命じられ、『特定の誰か』に『S級の実力を勘違いさせる』ことが目的か……」

「……っ」

 ウムルの発言を受けて、
 茶柱は、答えにたどり着く。
 『ハメられた』のだと、理解に到る。

「どこの神のイタズラか知らないが……くく……まさか、このウムル=ラトをコマとして、利用するとは、なかなか根性がある。……少々、不愉快……だが、格別『気分が悪い』というわけでもないかな……なかなか面白い体験だった。技術だけ特化したパワーゼロの武神との遊戯。貴重な体験だった。酒の肴くらいにはなるだろう」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く