話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

センと比較的、仲が良かった超神。

【前書き】
唐突ですが、超神の設定を少し。

【本文】

 センと比較的、仲が良かった超神。


 『カイゾ・ロウド・ロード』
 存在値7兆5000億『MAX変身・究極超神化2』『基礎存在値2800』
 ソンキーとは違ったタイプの戦闘狂。ソンキーを倒して最強神になることを夢見ていたが、センが現れたことで、いろいろと計画が狂った。セン、ソンキー、シューリの3柱を除けば、神界深層最強。際立った効率厨で、『最短で強くなること』を求めて生きてきた。無骨で無表情でハードボイルド。感情がないわけではないが、表に出すことは少ない。クールなのではなく、ただただ無骨。愛想が悪い。センとソンキーを足して、3で割って、雑味を取り除いた……みたいな感じの、ある意味でスマートな神。
 前衛特攻型。脳筋。決して不器用ではないが、器用に立ち回ることはない。



 『超苺(こいちご)・戯画咲(ぎがさき)・鏡羅(きょうら)』
 存在値5兆1000億『MAX変身・究極超神化』『基礎存在値2500』
 スタイリッシュで瀟洒な天才型の皮肉屋。『ロードとは対極のキャラクター』……を演じている。実際のところは、それほど尖った個性を有していない。ある種の器用貧乏タイプ。間違いなく天才型なのだが、突出したものをもたない。シューリのように、すべてが満点という感じではなく、ところどころ、70点台もある、平均点86点ぐらいの神……なのだが、平均点95点のフリをしている……みたいな、性格だけは、普通にめんどくさい神。『何でもできるが、ゆえに、何も出来ない』を具現化したような存在。センやロードやソンキーの『愚直な強さ』に憧れを抱いているものの『自分ではなれない』と思っているし『あこがれているだけで、自分がなりたいわけじゃない』と、かなりひねくれた視点で彼らを見ている。周囲の神々からは『シューリなみに何でもできる』『飄々としているが、いざという時たよりになる』と思われているが、それは、『超苺の努力』が実っているだけで、実際、超苺がシューリなみに万能で頼りになるかというと、まったくもって、そうではない。いや、まあ、『それなりの実力』はあるので、役に立たないというわけではないのだが、超苺の背中には『困難を前にしたセンエース』のような安心感は皆無。シューリがいるせいで、ナンバーワンにはなれないが、相当エグい美人。
 ファンタジスタ型。トリックスター。オールラウンダー。器用貧乏。


 『あいぶるー・れいぶんのしぐま・ぱねっと』
 存在値3兆9000億『MAX変身・究極超神化』『基礎存在値2300』
 戦闘力が壊滅的で、普通に非力。タイマンの殴り合いだと、基本的にクソザコ。深層には、『超神化すら出来ない者』もいるので、さすがに、その辺の神には負けないが、『前衛型の超神』が相手だと歯が立たない。サポーターとしては、神の中で最高峰。シューリを除けば、神界深層最高の後衛。(※ シューリは、その気になれば、何でもできてしまう。『しぐま』も、さすがに、シューリが相手だと勝てない)。外見は、かわいらしい感じで、雰囲気的にも、柔和でポヤポヤしているっぽいのだが、普通に性根が腐っている。口が悪いとか、態度が悪いとかではなく、普通に心根が悪い。悪ではないのだが……いや、ほぼ悪と言っても過言ではない。『悪事』をしていないだけで、カルマ値的には確実にマイナス側。間違いなく正義の味方ではない。
 後衛サポート型。スペシャリスト。縁の下の力持ち。


 以上の三名は、神界の深層において、
 『時空会』というトラブルシューター的なチームを結成している。
 一言で言うと「壊れたモンスター専門の掃除屋」。

 この時空会というチームは、『自分たちで作った』のではない。
 『コスモゾーンが創った組織』であり、
 そのメンバーに『勝手に任命されてしまった』という形である。
 センも、時空会のメンバーとして、
 深層で沸く『壊れたモンスター』を駆除していた。

 ちなみに、今でも、センは時空会のメンバー。

 その時のエピソード集『ちょっと待て、お前ら、俺にもろもろ押し付けようとしているな? そうは問屋が卸さんぞ編』も、なかなか面白いのだが、発表される日は……くるかなぁ……




 神の名前は『神字』で構成されているのが基本。
 神字は『カタカナっぽいもの』『ひらがなっぽいもの』『漢字っぽいもの』『それ以外にも無数』で構成されており、日本語を超越するレベルで複雑になっている。

 小説で神字表記はできないため、
 『神の名前』は、『センの脳内フィルター』を通したものを表記している。

 ちなみに、『神の名前』は、基本的に三段階の構成になっているが、
 ファーストネーム・ミドルネーム・ファミリーネーム、
 と、綺麗に法則がキッチリしているわけではない。

 そういう神も中にはいるが、
 基本的には、全員、バラバラ。
 『ファーストネーム・アイデンティティ・命の核』
 『昔の名前・もっと昔の名前・今の名前』
 『いつでも自由・たまに決まっている・ファーストネーム』
 など、本当に、バッラバラ。




 時空会に所属している四人は、
 全員、性格にクセがあるので、
 他の神々からは『関わりたくない』という認識をされていた。

 周囲の彼らに対するイメージはこちら。
 【セン】 『粗野』『性格が終わっている』『ウザい』『キラい』
 【ロード】『何考えているかわからないから怖い』
 【超苺】 『高値の花で、ちかよりがたい。性格悪そう』
 【しぐま】『あいつ、たぶん、腹の中、真っ黒だぞ』




 深層に出現する『壊れたモンスター』の存在値は、最低でも数千億で、
 深層の神々でも、なかなか太刀打ちできない。

 基本的には、時空会が処理をするが、
 『数兆』クラスのバケモノが登場した場合に限り、
 ソンキーが動くこともある。
 『絶対に動く』とは限らないのが、ソンキーの厄介なところ。

 センが深層にくるまで、
 時空会のメンツは、『超人化X』がMAX変身で、
 存在値は数千億~1兆程度だったが、
 セン加わって以降、
 引くほど頻繁に、『やばいモンスター』が出現するようになり、
 ゴリゴリの死闘を繰り返した結果、
 現在では、全員が究極超神化をマスターするに至った。

 とはいえ、まだまだ存在値10兆を超えていないので、
 肩書的には『超神』である。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く