『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 茶柱罪華との向き合い方。

 12話 茶柱罪華との向き合い方。

「特に、自分の名前が入った必殺技を、恥ずかしげもなく口にするところとか、最高だにゃぁ! 他にもあるのにゃ? サイコロイッセンと、イッセン以外にも、必殺技のレパートリーはあるのかにゃ? オリジナル必殺技をまとめたノートとかあるのかにゃ? もしあるなら、ぜひ見せてほしいにゃ。ね、ね、センセー、どうなの、センセー」

「しょうがないなぁ。そこまで求められちゃ、断るわけにもいくまい。さあ、茶柱。そこになおれ。まっすぐ立って、気を付けしたまえ。今から、お前の体を使って、すべての必殺技を余すことなく試してやるから、全て、よけずに受け止めろよ」

「ツミカさんの体を使って、好き放題って……きゃああ! けだもの!」

「……好き放題とは言ってないんですよねぇ」

「やっぱり、ツミカさんの体が目当てだったんだにゃ!」

 しんどくなってきたセンは、

「おう、もうそれでいい! 俺は、お前の体をムチャクチャにするため、今日は、ここまで、はるばる、ホイホイやってきたんだ! これで満足か?!」

 そこで、茶柱は、ポケットから、ボイスレコーダーを取り出して、
 ポチっとスイッチを押す。
 すると、

『俺は、お前の体をムチャクチャにするため、今日は、ここまで、はるばる、ホイホイやってきたんだ!』

 センの声が、響き渡る。

 青い顔をしているセンのトイメンで、
 茶柱は、ワナワナと震えながら、

「と、とんでもない証拠をゲットしてしまったにゃ……」

「うぉおいっ!!」

 たまらず怒声をあげるセンに、
 茶柱は、

「ネットに……ネットにアップしなきゃ(使命感)」

 いつものセンなら、
 『やれるもんなら、やってみろ』とすごんでみせるところだが、
 しかし、センは、すでに、茶柱罪華の異常性を理解しているため、


「さすがに……それは、勘弁していただきたく存じます……罪華お嬢様……」


 歯を食いしばりながら、
 体を震わせながら、
 ド直球で頭を下げるセン。

 相手が『まとも』なら、センも、
 『センなり』の『まともな方法』で挑むのだが、
 相手が『極端に異常』な場合、
 さすがのセンも『自分』を通すのが難しい。

(こいつが相手の場合、向かい合ってもダメだ……かといって、テキトーな言葉で、ケムにまくことも難しい……)

 変態性で言えば『常識の向こう側』にいるセン。
 しかし、茶柱罪華は、そんなセンを置き去りにしている。

(どうする……こいつとの『正しい向き合い方』はどれだ……見えてこない……どうするのがベスト……いや、もう、『ベスト』だなんて、そんな贅沢は言わないから、せめて、『ベター』な接し方を理解したい……)

 などと考えているセンに、
 茶柱は、

「どうしよっかにゃぁ……この音声をネットにアップしないのは、ツミカさんの信条に反するしなぁ……んー、んー……あー、そういえば、足が凝ったにゃぁ。誰か、ナメてくれる人はいないかなぁ」

 などと言いつつ、メギドをビデオカメラ化させて、
 しっかりと撮影準備をする。

「これ以上、証拠を増やして、どうしたいんだっ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く