話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 カマトトこいてる変態。

 11話 カマトトこいてる変態。

「愛しい恋人が怖がっているんだから、そこは『心配するな、俺が守るから』って言わないとダメだにゃ。やりなおし! はい、テイクツー」

「シンパイスルナー、オレガマモルカラー」

「やる気を感じない! テイクスリーを要求するにゃ!」

「っせぁなぁ……俺だって『恋人』が『怖がって』いたら、やる気出してカッコつけもしようが……現状は『変態』が『カマトトこいている』だけだから、戸惑うことしかできねぇんだよ、クソが……」

 センの発言を受けて、
 茶柱は、周囲をキョロキョロしながら、

「カマトトこいてる変態? それはどこにいるのかにゃ?」

「……原始のボケかましやがって」

「あ、いたにゃ」

 と言いながら、センの額に指をつきつける茶柱。

「いてぇよっ」

 と言いながら、茶柱の指を払いのけつつ、
 センは、茶柱の前に出て、

「あんなザコくさいヤツの一匹や二匹、お前でも楽勝だろうが。携帯ドラゴンもってんだからよぉ」

「メギドは、ツミカさんに匹敵するぐらい、可憐で華奢でか弱いから難しいにゃ」

「昨日、お前のメギド、ものごっついランチャーみたいなので、GOOを爆撃していたと思うんだが……」

「記憶にございません」

「政治家の娘かっ」

 直球のツッコミを入れた直後、
 『召喚直後のプルプル期』から抜け出したムーンビーストは、
 センに向かって、迷いなく、槍を投げ飛ばしてきた。

 ギュンッッと、伸びてくる力強い投擲だったが、
 センは、

(なんで、俺は、これを掴めるの?)

 と、投げつけられた槍を、落ちているエンピツでも拾うみたいに、
 ヒョイとつかみ取りつつ、世界に疑問を投げかける。

(けっこうな速度だったよ? 俺の動体視力とか運動神経で反応できるワケないと思うんですけど。俺、中学の時、体育のソフトボールで、『経験者が投げた球』に反応できなくて、腹にブチあたってゲロ吐きそうになったことがあるんですけど……あきらかにおかしいよね? 昨日ぐらいから、俺の様子、明らかにおかしいよね? なに、これ? ほんと、どういうこと?)

 当然、答えは帰ってこない。
 そんなことはわかっているので、
 センは、悲観することなく、

「はぁ……やれやれ……」

 と、心底しんどそうに呟(つぶや)きつつも、
 スタスタと、ムーンビーストのもとまで歩き、

「……一閃」

 一文字に槍を薙ぐと、
 ムーンビーストの体が、
 トウフのように、スパァっと抵抗なく切断された。

「ギ……ギャッ……」

 うめき声もそこそこに、
 あっさりと死にたえたムーンビーストの体は、
 雪の結晶みたいに、パラパラと世界に溶けていく。

 その様子を、しっかりと目撃した茶柱は、

「ひゅぅう! カァァッコイィっ!」

 パチパチと拍手しながら、

「特に、自分の名前が入った必殺技を、恥ずかしげもなく口にするところとか、最高だにゃぁ! 他にもあるのにゃ? サイコロイッセンと、イッセン以外にも、必殺技のレパートリーはあるのかにゃ? オリジナル必殺技をまとめたノートとかあるのかにゃ? もしあるなら、ぜひ見せてほしいにゃ。ね、ね、センセー、どうなの、センセー」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く