『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 放っておけない理由。

 9話 放っておけない理由。

(茶柱罪華……お前からは、なんとなく、『ドロっとした闇』みたいなのを感じる……その、ハジけた仮面の下に、黒い塊が見え隠れしている……)

 茶柱罪華の『内情』に関して、何か確信があるわけではない。

 けれど、センは、

(このヤバそうな女を……『放っておけない』と思うのは、なんでだ……これだけ鬱陶しい女を……それでも、シカトできない理由はなんだ……)

 茶柱を放っておくことができなかった。

 仮に、爆弾で脅されていなくとも、
 おそらく、センは、彼女の要求に従って、
 ここまで足を運んでいただろう。

(この感情、もはや『夢で見たから意識している』とか、そんなレベルの話じゃねぇ。俺の、こいつに対する『謎の執着』は、いったい、何なんだ……)

 理解できない自分自身にイラ立ちつつも、
 センは、結局、扉をくぐって、ツミカの背中についていく。



 ★



 夜の学校デートが始まってから数分、
 テキトーにブラついている途中で、
 ツミカが、ニコニコと、
 『目の奥だけ笑っていない笑顔』で、

「いやぁ、夜の学校は、楽しいにゃぁ」

 などとほざいたので、
 センは、反射的に渋い顔になり、

「一ナノたりとも楽しくねぇよ。全力で不気味なだけだ」

「なんだか、ワケもなくドキドキワクワクするにゃぁ」

「その不整脈の理由を教えてやる。この学校は、夜になるとバケモノが沸く。その心的ストレスが、ダイレクトで心臓にのしかかっているから動悸が止まらない。以上だ」

 そう吐き捨ててから、
 センは、

「ところで、今日は、他の連中はパトロールにこないのか? 夜の学校を見張ったり、アイテムを探索したりするのが、お前ら神話生物対策委員会の仕事なんだろ?」

「デートの邪魔をしないよう、ちゃんと言っておいたにゃ。御邪魔蟲(おじゃまむし)がいるデートは楽しくないからにゃぁ」

「気のせいかな……お前の『おジャマ虫』の言い方に『そこはかとない悪意』を感じたんだが……」

 と、そこで、茶柱が、唐突に立ち止まって、
 スっと空を指さし、

「ほら、見て見てぇ。満点の星空だにゃぁ。綺麗だにゃぁ」

「急にロマンチックをブチ込んでこられても、挨拶に困るんだがな」

 そこで、茶柱は、
 クルっと振り返り、
 真摯な目で、センの目を見つめ、

「でも、あのキラキラ光るお星さまより、センセーの瞳の中の暗殺者の方が多いよ」

「……もう、意味が一ミリもわからん。一つのボケの中に、多角的な視点をブチこみ散らかすのはやめろ。サバキきれん。おそらく、カサブランカとコナン映画をミックスさせたんだと思うが、互いのネタがケンカしあって、目もあてられん状態になっている」

「ぷ……くく……」

「なにわろてんねん」

「いやぁ、なんだか、センセーとしゃべっていると楽しいなぁと思って。誰かとしゃべっていて、楽しいと思ったのは、生まれて初めてかもしれないにゃぁ」

「……そうなのか?」

「ツミカさんの目線は、基本的に、他の人と違うからにゃぁ。見えている色も形も、全部違う気がするにゃ。比べようがないから、実際のところ、どうかはわからないけどにゃぁ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く