『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 夜のドキドキデート。

 8話 夜のドキドキデート。

 その日の夜、
 どうしようか迷ったものの、
 一応、センは、約束通り、
 夜の8時に、時空ヶ丘学園の正門へと向かった。


(おっ……ちゃんといた。『呼び出しておいて忘れる』という『攻めたボケ』が待っている可能性に震えていたが……案外、普通に来ているじゃねぇか)


 正門前で、壁にもたれかかって、スマホをいじっているツミカの姿を発見し、
 センは、ホっとしつつ、少しだけ歩くペースを上げる。
 駆け足では無いものの、
 歩幅は確実に長くなっている。

 残りの距離が30メートルくらいになったところで、
 近づいてくるセンの姿に気づいたツミカが、
 センの方に手を振りながら、



「センセー、お待たせぇ、待ったぁ?」



 などと、鋭角な言葉を投げかけてくる。

「待っていたのはお前だ」

 軽い言葉で薙ぎ払ってから、

「いない可能性の方が高いと思っていたが、まさか、先に待っているとは思わなかった」

「センセーとのデートに遅刻とかありえないにゃ。なんせ、ツミカさんは、センセーと、デートするのが、長年の夢だったんだから」

「……お前が、俺の存在を認識したのは、昨日の朝だと思うんだが……まあ、いいや、別に」

「それは大きな間違いだにゃ」

「ほう。どの辺が?」

「ツミカさんが、センセーの存在を認識したのは、昨日の夜からだにゃ。朝の段階だと、『背景のシミ』ぐらいにしか思っていなかったにゃ。ここは、大事なところなので、間違えないでほしいにゃ。ぷんぷん」

「……そら、申し訳のーございましたなぁ」

 不快感MAXでそう吐き捨てるセンに、

「じゃあ、そろそろ、デートをはじめるにゃ」

 そう言いながら、
 ツミカは、正門横の小さな扉をガチャっと開けて、
 鼻歌まじりに、中へと入っていく。

「……ちょちょっ……お嬢様、どちらへ?」

 慌てるセンをシカトして、
 ツミカは、

「まずは、校舎まわりをブラっとするにゃ。そのあとで、体育館まわりをブラっとして、次に、グラウンドまわりをブラっとするにゃ。いやぁ、楽しみだにゃぁ。夜の学校巡りデート」

「……」

「昼間と違って、夜の学校は、静かでいいにゃぁ」

 などとほざいているツミカの背中を見つめながら、
 センは、

(……ま、慌ててみせたものの、実際のところは、あるていど、予想がついていたけどな……)

 心の中で、

(何がしたいのか、詳細は不明だが……『探り』を入れてきているのは間違いない)

 センの頭はハッピーセットではないので、
 もちろん、『茶柱罪華が閃壱番に恋をしている』などとは思っちゃいない。

(茶柱罪華……お前からは、なんとなく、『ドロっとした闇』みたいなのを感じる……その、ハジけた仮面の下に、黒い塊が見え隠れしている……ただの勘違いかもしれないが、もし、俺の勘が当たっていた場合、お前はなんか……危険な気がする。何がどうとは言えんけど……)

 茶柱罪華の『内情』に関して、何か確信があるわけではない。
 すべては『感覚』の話。

 『そんな気がする』というレベル以下に収まる、
 『雰囲気』の話でしかない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く