『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 アレはちょっと違うしにゃぁ……うーん……えーっと……

 7話 アレはちょっと違うしにゃぁ……うーん……えーっと……

「というわけで、さっそく、今日の夜、デートにいくにゃ。いやぁ、楽しみだにゃぁ」

「K5ってのは、もしかして、あれか? 『聞く耳もたない5人組』って意味なのか?」

「ねぇ、ねぇ、センセー。センセーは、ツミカさんの、どこが好きぃ?」

「……非常に難しい質問だな。好きじゃないところなら、いくらでも言えるんだがなぁ……急な恋人ノリをかましてくるところとか、唐突に話が飛ぶところとか、衝撃的にウザいところとか、撃滅的に人の話を聞かないところとか、常識が抹殺されているところとか、根本的な人間性とか」

 『小粋な返し』でカウンターを決めていくセン。
 しかし、セン程度のカウンターで崩れ落ちるほど、
 茶柱の異次元性はヌルくない。

「ツミカさんが思う『センセーの好きなところ』はねぇ……うーんとねぇ……えーっとねぇ……あー……ちょっと待ってねぇ……んー……アレはちょっと違うしにゃぁ……んー、んん……」

 カウンターにあわせたカウンター。
 心臓に食い込むコークスクリュー。
 センは、ビキビキと表情をゆがませつつも、
 しかし、どうにか、ムリヤリ、冷静に、

「ど、どうした? 恋人の好きなところくらい、パっといえるだろ?」

「えーっと……んー……くっそぉ……ないにゃぁ……もう……キツイにゃぁ……この男、不細工だし、目つき悪いし、頭悪そうだし、不細工だし……」

「お前の中では『大事なこと』か知らんが、ブサイクを、二回も言わんでいい。心が木っ端みじんになるだろうが」

「へちゃむくれだし、髪質ゴワゴワだし、目の下の変なクマがキショいし、性格イカれているし、性根は腐っているし、みっともないヒョロガリだし」

「もういい! 俺の欠点を数えるのはそこまでだ!」

「……うぅぅ……いい所が微塵も見つからないにゃぁ……苦しいにゃぁ……辛いにゃぁ……なんで、ツミカさんが、こんな地獄を味わわないといけないのかにゃぁ……」

「そんな、泣きそうになるくらいなら、考えなくていい! ほんのちょっとだけ乗ってはみたものの、あまりのしんどさに、こっちが泣きそうだ!」

「ちょ、ちょっと、待ってほしいにゃ……出してみせるから……どうにかして、ひねり出してみせるから……ツミカさんなら、この『ミレニアム懸賞問題が裸足で逃げ出す難問』も解けるはずだから……すでに、この短時間で、ここまで出かかっているから」

 と言いながら、ヘソの下らへんに手刀を当てる茶柱。

「せめて、その手は、ノド付近にあててくれんかね!! あとなぁ! さすがに、ミレニアムを解くよりも、俺を褒める方が簡単だ!! ここだけは自信をもっていえるぞ! いや、まあ、当たり前の話だから、自信を持つもクソもないんだが!」

「あー、もう! ないにゃぁあ! 腹たつにゃぁあああ!」

 ついには、頭をかきむしりだした茶柱に、
 センは、心底しんどそうな顔で、

「なるほど。これが恋人同士の会話か……たーのしー」

 全力でシニカルを決め込んでいく。

 深いため息をつき、
 どうにか落ち着こうと、コーヒーを飲んでから、

「で? 話って? そろそろ、本題に入れ。俺だってヒマじゃないんだ」

「本題はもう終わっているにゃ。交際宣言とデートの約束。それが呼び出した目的にゃ」

「……いや、そんな『明らかな小ボケ』が本題なわけ――」

「じゃ、というわけで、今日の夜8時ぐらいに、時空ヶ丘学園の正門前で集合ということで。ばーいにゃ」

 そう言うと、
 茶柱は、
 颯爽と、喫茶店を後にした。

 残されたセンは、
 コーヒーを飲み干しつつ、

「……人生初の彼女ができましたー、わー、うれしー……」

 しんどそうな顔で、ボソっと、そうつぶやいた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く