『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 『K5(聞く耳もたない五人組)』の『頭おかしい』担当、茶柱罪華。

 6話 『K5(聞く耳もたない五人組)』の『頭おかしい』担当、茶柱罪華。

「にゃはは! うそ、うそ。ちゃんと、被害がでないよう、色々と配慮して爆発させたにゃ」

「そもそも、爆発を手段として使うんじゃねぇ! お前の頭、どうなってんだ!」

「ツミカさんは『シャレたジョーク』を飛ばすことも多いけど、『基本的にマジだ』ということを、伝えたかっただけだにゃ」

「……」

「さ、そろそろ、ついてきてほしいにゃ。ちなみに、スイッチはもう一個あるから、気を抜かない方がいいと思うにゃぁ。はたして、2個目の爆弾は、どこに設置されているのかにゃぁ。保育所かにゃぁ、それとも、小児病院かにゃぁ」

(……こんなヤツを夢に見た自分を全力で殴りたい……)

 センは、心の中でそう呟きながら、
 サイレンのBGMが鳴り響く中、
 茶柱のあとについていった。





 ★





 連れてこられた喫茶店は、
 清潔感があって、開放的な、
 情緒ある、落ち着いた店だった。

 席に案内してくれた店長は、品があって、
 雰囲気のあるダンディな60代後半のおっさんだった。

 店長は、コーヒーを出すと、そのまま奥へと消えていく。

 茶柱は、
 コーヒーを一口、喉に流してから、

「それで? ツミカさんに話って? ツミカさんは忙しい人だから、手短にお願いするにゃ」

「……」

「なんで、そんな渋い顔をしているのかにゃ?」

「いや……『これまで、ずっと、お前の相手をしてきたんだろうなぁ』と考えたら、どうしようもなく、薬宮のことが、不憫に思えてきてな……」

 そうつぶやきつつ、
 グビっと、コーヒーを飲んでから、

「用件があるなら聞くから、そろそろマジで、話を進めないか?」

 センの提案に対し、
 茶柱は、

「しょうがないにゃぁ」

 などと、うそぶきつつ、

「とりあえず、聞きたいことが一つあるにゃ」

「なんだ?」



「恋人はいるかにゃ?」



「……ん?」

「センセーは、今、付き合っている人はいるのかにゃ?」

「……何で、そんなこと……」

「またまたぁ、そんな『異世界に転生した人』みたいに、スットボケなくてもぉ」

「言ったか? 俺、『また何かやっちゃいました?』とか言ったか?」

「似たようなもんだにゃぁ。『あれだけ』のことをしておいて『それを近くで見ていた女』が『どう思うか』ぐらい、普通に考えたら、予想がついてしかるべきにゃぁ」

「……」

「というわけで、センセー、ツミカさんは、センセーに恋をしてしまったので、これから、ツミカさんとセンセーの間では、清き交際がスタートします。いぇい!」

「あの……あまりにも展開が怒涛すぎて、ついていけてないんだが……」

「気にする必要はないにゃ。全部、こっちに任せておけば、あとは、全部、いいようになっていくにゃ」

「いや、おそらく、悪い方向にしか行かないと思う。俺は別に勘がいいわけじゃないが、この予想だけは、間違いないと思う」

「というわけで、さっそく、今日の夜、デートにいくにゃ。いやぁ、楽しみだにゃぁ」

「K5ってのは、もしかして、あれか? 『聞く耳もたない5人組』って意味なのか?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く