『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 罪華のヤバさは底がない。

 5話 罪華のヤバさは底がない。

「声優に対する高度ないやがらせとして、ツミカさんは、常日頃から、難しい早口言葉を、無意味に口にしているという寸法にゃ。まあ、早口言葉を口にしたのは、さっきが初めてなんだけどにゃぁ」

「……」

「さ、えんもたけなわではございますが、いい加減、ちゃんと話がしたいので、ついてきてもらっていいかにゃ? ツミカさんとおしゃべりしたい気持ちは重々分かるけれど、さすがに、そろそろ、時間が押しているにゃ」

「……あの、疲れているんで、帰りたいんですが? 今の状況で、あなたの相手をするのは、カロリー的な意味で難しいかなぁ、と思いますので……」

「帰りたかったら、帰ってもいいにゃ。ただし、その時は、センセーの家にセットされた爆弾が火を噴くことになるにゃ、ぬふふふ」

 黒い笑顔を浮かべながら、そう言いつつ、
 スイッチ的なものを見せびらかしてくる茶柱。

 そんな彼女に対し、
 センは深いタメ息を挟んでから、

「また、ド級にワケの分からんコトを……言っておくが、俺は脅しに屈しない。お前の発言をウソだと思っているから言っているわけではないぞ。仮に、その『爆弾がどうたら』とかいう『奇抜なギャグ』が事実だったとしても、俺は――」

「ポチっとな」


 ドガァァンッッ!!


 と、地響きするほどヤバい音が響き渡り、
 遠くからは、モクモクと煙が立ち上っていた。

 その数秒後に、颯爽と響き渡る、
 警察と消防のサイレン。
 八方から、ウーウーと、やかましく、こだましている。

「……え? ……ぇえ?!」

「センセーが、ゴチャゴチャ言うから、つい押しちゃったにゃ」

「……え、爆弾を設置したって話、マジだったの? 軽いジョークじゃなく? ていうか、なんで、押した? あと、俺の家、こっちにあるんだけど……」

 と、煙が上がっている場所とは全く違う方向を指さすセンに、
 茶柱は、

「1、ツミカさんは、安いジョークが嫌いにゃ。2、押した理由は『つい』。3、設置した場所に関しては……普通に間違えちゃったにゃ。てへ」

 丁寧に、順番に回答。
 かわいらしく舌を出している茶柱に、
 センは、青ざめた顔で、

「間違えたって……え、お前……どこの家に設置した?」

「家じゃないにゃ。小学校に設置させてもらったにゃ。扉前のプレートには、1年7組と書いてあったにゃ」

「……いや、確信犯じゃねぇか! そういや、あるぞ、あっちの方に、小学校! おいおい、嘘だろ?!」

「あーあ、センセーのせいで、尊い小さな命が犠牲になっちゃったにゃぁ。ツミカさん、しーらない」

「100%、お前の責任だろうがぁ!」

「まあ、もちろん、冗談だけどにゃぁ」

「いや、冗談じゃねぇよ! もくもくと、とめどなく、煙が上がってんだろ! サイレンの音も鳴りやんでねぇし!!」

「設置した場所が冗談なんだにゃ。小学校にセットしたりしにゃいにゃ。本当は、その裏手にある幼稚園に――」

「……なんで、そんなに、ガキを殺しがっているんだ、お前はぁあ!」

「にゃはは! うそ、うそ。ちゃんと、被害がでないよう、色々と配慮して爆発させたにゃ」

「そもそも、爆発を手段として使うんじゃねぇ! お前の頭、どうなってんだ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く