話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

1話 独白。

 1話 独白。

 紅院家の庭は広く、
 離れの出口から、敷地外に出るまでだけで、
 500メートルは普通に歩いた。

(広すぎるんだよ……なんだ、この家……頭悪すぎだろ……)

 心の中で、ぶつぶつと文句をたれながら、
 先ほどのトコとの会話を思い出しつつ、



(……漠然と、心のどこかで『メンドくさくなるかも』とは思っていたが、想像をはるかに超えるメンドくさい状況になりそうで、草もはえねぇ)



 センは賢くないが、バカではない。
 『世界情勢に対して無関心』でもなければ、
 『何も考えずに毎日を生きている』というわけでもない。
 ゆえに、『自分の力』の『社会的価値』を、
 ある程度正確に測るぐらいはできる。

(……『スーパーオーパーツを使っても勝てない神のバケモノ』を瞬殺できる力……改めて『一文』に整理すると、やべぇな……正直、そんな力を、知らん間に身に着けていた自分が気持ち悪ぃ。これが、仮に『1000年修行して手に入れた力』ってんなら、たぶん『俺が……俺こそがガ〇ダムだ!』ぐらいの勢いでイキれもしようが……この状況だと、さすがに、気味が悪すぎて、尻込みしか出来ねぇ。『何が何だかわからないものすごく強い力』を、いきなり与えられて、喜べる人間はキンキンのサイコパスぐらいのものだろうぜ)

 センは間違いなくラリっているが、
 しかし、どこかで『まっとうな常識』も持ち合わせているため、
 『ふはははは! 無敵の力を手に入れたぞぉ! 世界中の愚民ども、俺の足元に傅けぇ!』
 とはならないのだ。

 『変な力』を手に入れた常識人の彼が、最初に思うことは、
 よくよく考えれば当たり前の話だが、
 『え、なに? キモいんですけど……』となる。

 もろもろ、いろいろ、限定条件を精査した上で、
 彼の結論は、だから、

(こんな精神状態で、『地球の代表』なんざ、出来るわけがねぇ。まあ、仮に、精神状態が万全でも『絶賛(ぜっさん)御断(おことわ)り奉(たてまつ)るクソ案件』だが……)

 『過度な報酬』に対する拒絶も、
 ほとんど同じ理由で、
 確実に『エグい責任』がセットでついてきそうだから、
 『欲しい』と思えないのである。

(あいつらの想いを全て受け止められるほど、俺の器は大きくねぇ。その責任だけは果たせる気がしねぇ。だから、リーダーは絶対に無理)

 自分の前提を再確認する。
 絶対に揺るがない、
 センの中の指標。

 責任感は強い方だが、
 しかし、だからって、責任を背負うのが好きなワケじゃない。

 『背負ってしまった責任』は大事にするが、
 『責任を背負いたい』とは思っちゃいないのだ。

 彼を理解する上で、ここは非常に重要な点。

 ――ただ、
 『それ』を言い訳にして、
 『俺、しーらない』と脳死全開のスットボケを決め込めるほど、
 『まっとうなクズ』では『ありたくない』という、
 妙なプライドだけはあるため、

(でも、もし、また昨日と同じようなことが起きたら……俺は、普通に、あいつらの前に立つだろう……)

 迷いはある。
 死に対する恐怖は普通にある。

 センは、心が死んでいるのではない。
 自殺願望があるわけでもない。

 けれど、命の土壇場に立った彼は、
 間違いなく、ゆるぎなく、絶対に、
 『とびっきりの勇気』を叫ぶだろう。

 ――なぜなら、本物の大馬鹿だから。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く