『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 単純な話だよ、トコ。

 87話 単純な話だよ、トコ。

「ちょっ……オジキ?! まだ、話は終わって――」

 と、文句を言おうとしたトコを、
 正義は、強い視線で制し、

「……トコ……」

 多くの言葉を使わず、トコの猛抗議を黙らせる。

 そんな二人のやりとりを横目に、
 センは、

「ぁあ……えっと……なんか、歩いて帰りたい気分なんで、車とかは結構です……では、失礼しまぁす……」

 そう言い残して、
 そそくさとその場を後にした。

 その背中を、口惜しそうに見送りつつ、
 トコは、

「オジキ……なんで、センを帰したんや……オジキも、あたしらの話、信じてないんか?」

「私はお前たちの言葉を疑わない」

 そう前を置いてから、

「……あの少年は押しても無駄だ。柳(やなぎ)のように、全てを受け流すだろう。かといって、引いてもダメだが」

「いや、ほな、どないしたらエエねん」

 そこで、正義は、
 アゴヒゲをしゃくりつつ、
 たっぷりと、間をとってから、





「……さぁなぁ」




「うぉいっっ?!」

 つい、声が大きくなってしまうトコ。

「ものごっつ『深い言葉』でも聞けそうな雰囲気やったのに、何もないんかい!」

「私は、今まで、たくさんの人間と言葉を交わしてきた。ビジネスや政治という地獄の戦場で、世界中に巣食う海千山千の超人たちと真っ向から向き合ってきた」

「……いや、知っとるけど、それがなんやねん」



「――勝てる気がしない」



「はい?」

「彼の目を見た時、『私の奥にいる私』が、即座に敗北を宣言した。こんなことは初めてだ。今までは、相手が石油王だろうと、大統領だろうと、教皇だろうと、テロ組織のリーダーであろうと、『対面』にまで持っていければ、『受け攻め』いくつか頭に浮かんだものだが……彼を前にした瞬間、『これはダメだ』と、私の奥にいる私がサジを投げた」

「……」

「非常に興味深い男だ。……トコ、お前は、彼を『王の器』と評したが……」

 そこで、スっと目を閉じて、
 未来を夢想しながら、

「彼が人類の頂点に立った世界……あるいは、その未来こそが、真なる理想郷なのやもしれん……」

「えっと、つまり、どういうこと? 何が言いたいか、イマイチわからへんのやけど?」

「一言で言えば、私も彼に賭けたくなった……という感じかな」


「……ほな、なんで帰したん?」


「単純な話だよ、トコ」

 そう言うと、
 正義は、ニっとイタズラに微笑んで、

「彼は、地位と富と名誉こそ拒絶したが……お前の『助けてほしい』という願いに対してだけは、一度も拒絶の意を示していない」

「……」

「どうでもいい言葉で濁そうとはしていたが……しかし、彼の瞳には、確かな覚悟が宿っているように見えた。少なくとも、私の目には」

 正義は、この部屋での様子を、別室でずっと見ていた。
 この部屋には、現在、エグい量と質の盗聴器と監視カメラが設置されており、
 血圧や心拍数を測定できるカメラや、サーモグラフィなども完備されている。

 ちなみに、監視していたのは、正義だけではなく、
 300人委員会の上層部にいる大半が、
 トコとセンの会話を見守っていた。

「トコ。試しに、また、ピンチになってみるといい。そうすれば、彼は、どこからともなく飛んできて、きっと、こう叫ぶだろう。――『ヒーロー見参』と」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く