『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

85話 崩壊した信頼関係。

 85話 崩壊した信頼関係。

 トコたちは、自分たちの報告を、上の人間が信じるとは思っていなかった。
 だから、報告書には、話を『逆盛り』する勢いで、かなり控えめに書いた。

 実際のところ、センは、ロイガーを、ほぼ一瞬で殺してしまったが、
 報告書には、
 『長時間の戦闘を経て、苦労の末に倒した』
 みたいな感じで嘘を書いた。

(目の前で見とったあたしらでさえ、何がなんやらサッパリわからん状態で、『ゴリゴリに疑っとる人間』を説得することなんて出来るわけがない……)

 『携帯ドラゴンと契約できた者』は、
 『世界の中核』たる『300人委員会』の中でも、
 かなり上位の権限を持てるようになる。

 その権限をフルで活用し、
 どうにか、『閃の伝説』を『対処すべき案件』として押し通したが、
 ぶっちゃけ、あの場にいなかった人間の中で、
 紅院たちの報告を『100%信じている者』など一人もいない。

 『信じようと努(つと)めている者』は一定数いるが、
 それだって、実のところは、単なる『願望の類』であり、
 心底から信じているというわけではない。

 ――と、そこで、カズナが、底冷えする声で、

「トコ。いうまでもないと思って、今までは、あえて言わないでおいたが……あたしは、カズミを見殺しにしたあんたを死んでも許さない」

 ここでハッキリと断言しておくが、
 カズナは、決して『トコの人間性』を嫌ってはいない。
 その証拠に、一美が死ぬ前までは仲良くやっていた。

 『年上のお姉さん』として、
 寛大かつ柔和な態度で、トコと接していた。
 彼女たちの間には、確かな信頼関係があったのだ。

 『自分にも他人にも厳しい一那』だが、
 トコの事は、
 『妹の友人として合格』と、
 その心根を認めていた。

 しかし、一美が死んでから、一那の精神は、
 『普通』におかしくなった。
 『トコの事を恨むのは筋違いだ』という論理的な思考が働く一方で、
 『妹を失った』という不条理に対し、
 燃えるような『理不尽極まりない怒り』が沸き上がってしまうのを、
 どうしても、抑えることが出来ないでいる。

 不安定な精神を抱えて、
 心も体もグラつきながら、
 『どうしたらいいのか』と自問を繰り返す日々。

「生身の私では、どうあがいても、あんたを殺すことは出来ない。だから、黙って引いているが、もし、可能だったなら、おそらく、私は、あんたを殺している」

「なんで、あたしだけ殺すねん。カズミを守ってやれんかったんは事実やけど、それ、全部、あたしだけの責任か?」

「誰も、あんただけとは言っていない。ミレーも、ツミカも、マナミも、可能なら、全員、殺してやりたい。あの子を見殺しにした全てを、私は心の底から恨んでいる」

「あ、そ。ほな、ええけど。いや、よくないけど」

 と、自分で自分の言葉に文句を言ってから、
 スゥと息を吸って、

「さっきも、センに言うたけどなぁ! こっちが必死になって止めたのに、まったく聞かんと、GOOの群れに飛び込んでいったんは、あんたの妹やからなぁ! おかげで、今、めっちゃ困っとる! 守ってやれんかったんは間違いない事実やけど、あいつに死なれてこっちが『死ぬほど困っとる』んも事実なんじゃい!!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く